注目の女流囲碁棋士10人がクラファンで写真集を発売した理由

注目の女流囲碁棋士10人がクラファンで写真集を発売した理由

クラウドファンディングで制作した『女流棋士フォトブック』

 若手の女流囲碁棋士らが自らクラウドファンディングで資金を集め、企画・制作した写真集が完成した。その名も『女流棋士フォトブック』。対局では決して見せない女流棋士たちの素顔やコスプレ姿の写真、さらにはインタビュー記事など、内容も盛りだくさんだ。日ごろ対局で忙しい棋士が、なぜ自主制作で写真集を作ることになったのか──。囲碁ライターの内藤由起子氏が取材した。

 * * *
『女流棋士フォトブック』プロジェクトの中心的役割を果たしたのは、木部夏生二段と星合志保二段だ。

 女流棋士は指導対局や解説会で直接ファンと交流することが多い。そんな機会を通して、星合二段は常々、「囲碁が好きで対局を楽しむ人は多いのに、棋士を知らない人が多い」と感じていたという。

 そこで昨年末、若手棋士主催のクリスマスイベントで入門講座を行った際に16ページの小さな冊子を作った。イラストが得意な木部二段が、ルール説明のほか棋士の写真や文章を入れたところ、思いのほか好評だったという。

 星合二段は、「またこういう冊子ができたらいいな」「棋士をもっと知ってほしい」「もっと新しいことがしたい」「碁を知らない人にもアプローチしたい」など、募る思いを先輩の謝依旻六段に相談したところ、「どうせやるならめっちゃ大きくやろう。クラウドファンディングという手法もあるよ」とのアイデアをもらった。

「クラウドファンディングといっても最初はぴんときませんでした。まったく未知の方法でしたし、現実味がなくて……。いろいろ調べて見ると、お金が集まっていないプロジェクトもあって、不安のほうが大きくなりました。一般的には私たちの知名度はないと思っていましたしね」(木部二段)

 それでも、赤字になったら木部二段と星合二段で補填するつもりでプロジェクトは走り出した。写真集に登場してくれる棋士にも謝礼が出せるか分からない状況だったため、「それでもいいよ」と言ってくれそうな親しい棋士に声をかけていった。

「企画が進んでいくにつれ、失敗することはあってはならないと思うようになりました。これで失敗したら次はなくなると責任を感じました」(星合二段)

 しかし、強い責任感とは裏腹に、「プロジェクトとしては未熟でした。何も知らなさすぎて」と木部二段が振り返るように、作成工程や編集作業など分からないことばかり。知らないことにあたると一旦立ち止まって調べ、再び実行──という繰り返しだった。

 なにせ、企画、撮影、インタビュー、編集、クラウドファンディング、YouTube……すべてが初めてのことなので、作業も非効率。専門の人に頼らず、自分たちでやろうとしても、ひとつ問題を片付けるだけで大変な労力と時間を費やしたという。

「頭の中にはずっとプロジェクトのことがあって、碁の勉強時間は確実に減りました。成績に影響があったかどうかについては……なかったと思いたいですね」

 と苦笑いの星合二段。ただ、ふたりは「何かが足りないとき、周囲のみんなが親身に相談に乗ってくれました。知り合いが知り合いを紹介してくれて、少しずつ進んでいく。新しい試みがみんなに応援してもらえたことは、運がよかった」と口を揃えた。

 当初、クラウドファンディングは達成ラインを150万円に設定した。それではクリアしても資金が足りないのは分かっていたが、到達できないことを恐れたのだ。しかしそれは杞憂に終わった。たった3日で150万円が集まったのだ。

「楽しみにしてくれている人がいる。求めてくれた人がいたのだと実感しました」

 と星合二段。最終的には、438万5420円が集まった。協力してくれた人の中には、囲碁を知らない人もいたが、皆が囲碁界を盛り上げたいという気持ちで支援してくれたという。彼女たちにとって、なんと心強かったことか。

 フォトブックに収められている女流棋士たちの写真は、「春夏秋冬」や「おとぎ話」などテーマを相談し、それぞれに合った世界観の衣装を決めていった。

 撮影初日は3月末で寒く、「春」を担当した木部二段は春らしい薄手の衣装だったため、「テンションあげないとやってられない!」と気合で撮影に挑んだと話す。しかも、コスプレのテーマ“ブラックキャット”の写真撮影は直前まで雨。虫もいる散々な屋外環境だったというが、笑顔で乗り切った。

 また、ダンスが得意な謝六段のチャイナドレス姿は、抜群のスタイルを武器に本業がモデルかと思わせる表情を見せているので必見だ。

 フォトブックには写真のほか、インタビュー記事もある。藤沢里菜女流三冠のインタビューは、木部二段と星合二段の3人でご飯を食べながら行った。普段の食事会と同じ雰囲気だったため、録音した半分ほどは雑談になってしまい、編集に苦労したという。

 ほかにも上野愛咲美女流本因坊による「お絵かきコーナー」では、今年10歳でプロ入りして話題を集めた仲邑菫初段の似顔絵イラストや、自身の1か月のスケジュール表が手書きで記され、月の半分は対局、移動など多忙な棋士の日常生活がうかがい知れる。

「例えば上野愛咲美ちゃんがイラストが得意なことは、私たちなら知っている情報ですが、そんなことも、きっとファンの人たちは知りたいだろうなと。仲間だからこそできた一冊だと思っています」(星合二段)

 碁を知っている人はもちろん、ご存じないかたも、囲碁棋士の魅力満載の一冊をぜひ手にとっていただきたい。あなたの“推しメン”がきっと見つかるはずだ。

 以下、フォトブックで紹介されている10人の棋士プロフィールを写真とともに紹介しよう。

【木部夏生(きべ・なつき)二段】24歳、群馬県出身、藤澤一就八段門下

 パソコンのスキルが高いなど事務処理能力が長けているほか、絵やデザインのセンスも抜群。今回の宣伝チラシ作りなどは全部担当した。話が面白く、褒め上手。マシンガントークが特徴で、愛称は「べっきー」。

【星合志保(ほしあい・しほ)二段】22歳、東京都出身、菊池康郎氏に師事

 テレビ棋戦・NHK杯選手権の司会として活躍中。おしゃべり上手で気づかいができる。誰とでも仲良くなれ、コミュニケーション力に長けている。「とにかく明るい星合」で、万波奈穂四段の後を継いで囲碁界の次期“酒豪”としても期待される。

【藤沢里菜(ふじさわ・りな)女流三冠】21歳、埼玉県出身、祖父の藤沢秀行名誉棋聖門下

 11歳6か月でプロ入り。女流タイトル5つのうち3つを持つ女性棋士第一人者。盤上ではスキがないのに、私生活はスキだらけ。パソコンや財布の忘れ物は数知れず。左右違う靴(片方は他人の、それも男性の靴)を履いて帰ろうとして、指摘されるまで気づかなかったことも。仲間からは「りなぽんたん」と呼ばれている。

【謝依旻(しゃ・いみん)六段】30歳、台湾出身、黄孟正九段門下

 女流タイトル五冠独占するなど、タイトル獲得数27は女流棋士史上最多。ただ一人の「名誉女流本因坊」「名誉女流本因坊」「名誉女流棋聖」の有資格者。面倒見が良く、若手女性棋士の「姐さん」的存在。社交的で友人も多く、各国の棋士から愛されている。棋士3人でユニットを組みCDデビューも果たしている。趣味はヒップホップダンス。

【金子真季(かねこ・まき)二段】24歳、東京都出身

 フォトブックで似顔絵のイラストを担当するなど、絵が得意なだけでなく、歌もうまく多才。普段は温厚な性格だが、いざ盤の前に座ると奇想天外なアイデアで猪突猛進に石を殺しに行く。その棋風は人呼んで「殺戮天使」。

【万波奈穂(まんなみ・なお)四段】34歳、兵庫県出身、大枝雄介九段門下

 若手が台頭する中、昨年、初タイトルを獲得した。メンバー唯一の既婚者。夫は9歳年下の伊田篤史八段。料理上手で夫を立てるよき妻として知られる。BS-TBS「おんな酒場放浪記」に出演し、お酒好きとしても有名。酔って街路樹に話しかけるなど失敗談も。碁は堅実な平和主義者。

【稲葉(いなば)かりん初段】20歳、大阪府出身、矢田直己九段門下

 NHK講座司会をつとめ、お茶の間の人気ものに。おっとりした仕草などすべてがかわいい「ザ・女子」。つかみ所がなく自由な感じで超マイペースなので、「猫みたいな子」と評判。渾名は「かりぽん」。

【茂呂有紗(もろ・ありさ)初段】20歳、千葉県出身、三村智保九段門下

 テレビ棋戦NHK杯で読み上げを務めている。笑いのツボが浅く、よく笑っている。碁風は穏やかで堅実。頭が良く、聡明で物静かに話すが、毒があることも。ニックネームは「ありさっしー」。

【上野愛咲美(うえの・あさみ)女流本因坊】18歳、東京都出身、藤澤一就八段門下

 今年9月、年齢性別関係のない全棋士参加棋戦「竜星戦」で女性史上初の準優勝。戦い主体の碁で、「ニコニコしながら女子高生がハンマーを振り回す」と形容されている。ふだんは度が過ぎるマイペースで、おっとりしている不思議ちゃん。ニックネームは「りんご」。

【辻華(つじ・はな)初段】19歳、東京都出身

 今年プロ入りした期待の新人。長時間にわたる記録係をすすんで務めている。棋風は悲観派。A型らしく、気遣いがすごい。シャイな性格でまだ初々しいが、心を開いた人には、けっこう遠慮なくつっこんで話をするらしい。

●『女流棋士フォトブック』(税込み3300円)の購入は日本棋院オンライン囲碁ショップにて(https://item.rakuten.co.jp/nihonkiin/v0001/)

関連記事(外部サイト)