沢尻エリカ、交際相手の経営者宅にも捜査員が入っていた

沢尻エリカ、交際相手の経営者宅にも捜査員が入っていた

薬物所持で逮捕された沢尻エリカ

 東京都目黒区内の自宅で合成麻薬MDMAを所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課に麻薬取締法違反の疑いで逮捕された沢尻エリカ(33才)。沢尻が出入りしていたクラブ「W」に度々通い、彼女とも交流があった女性はこう話す。

「ここ数か月、沢尻さんは来年スタートのNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の撮影で多忙な日々を過ごしていました。逮捕された日は久しぶりのオフでしたが、翌日には正月特番の『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)の収録があった。だからこの日の彼女は所持はしていたけど、実際はドラッグをやってはいなかったと思います。彼女はこんなことを言っていました。“私はドラッグに溺れない。でもやめる気もない”って」

 10年以上もドラッグとつきあってきたとされる沢尻にとって、それは生活の一部だったのかもしれない――。
 
 警視庁組織犯罪対策5課が、東京都目黒区内の自宅で沢尻を逮捕したのは11月16日。逮捕される直前の沢尻が一夜を過ごしたのは、渋谷区内の人気クラブ「W」だった。

 コンクリート打ちっぱなしの外観が瀟洒なこのクラブは2000年にオープンし、フロアにはアジア最大規模のミラーボールを有する。音響設備も充実しており、海外からも高い評価を得ている。その夜は、沢尻の恋人であるファッションデザイナーのA氏が同席していた。

「Aさんと沢尻さんは8年前から交際していて、今年の夏頃に別れたと聞きましたが、いわゆる“腐れ縁”で、関係は続いていたようです。ただ沢尻さんはモテるので、Aさんのほかにも親しい複数の男性がいました。

 今、周囲が恋人だと認識しているのは、飲食店経営者のB氏です。長身のイケメンの30代後半で複数のレストランを展開するやり手です。この前も“彼とメキシコのクラブで踊ってきたの”と楽しそうに話していました。

 実は沢尻さんが逮捕された日、B氏の自宅にも捜査員が来たようですが、何も出てこなかったとか」(沢尻の知人)

◆空白の2時間半に沢尻が向かった意外な場所とは

 沢尻らが集ったのは、「W」の最上階、4階に位置するVIPルーム。彼女はこのVIPルームと3階のテラスを慣れた様子で行き来し、人目もはばからず踊り明かした。

「4階のフロアにいた沢尻さんは異様なほどハイテンションで踊りまくり、バーカウンターでは何度もグラスを掲げて乾杯していました。モデル風の女性やファッション業界関係の男性ら多くの客と親し気に会話して、とにかくクラブ慣れしている印象でした。時には近くにいたイケメン男性と抱き合ったり、もたれかかるような場面もあり、見ているこちらがドキドキしました」(居合わせた客)

 この日、沢尻は夜9時半頃に自宅を出て、タクシーで「W」に向かった。それから夜通しパーティーを楽しみ、翌朝8時前に自宅に戻った際、待ち受けていた捜査員から声をかけられた。

 沢尻が大河の撮影に時間を取られるなか、警察は着々と内偵捜査を進めていたのだ。捜査関係者が明かす。

「1か月半ほど前、沢尻の“知人”を名乗る情報提供者が警視庁に沢尻の薬物使用をタレこんだ。捜査員が慎重に裏取り捜査を進めるなか、沢尻の友人が渋谷のクラブでイベントを行うことがわかり、『その場に沢尻が現れて薬物を使用する可能性がある』と捜査員は読んだ。監視すると沢尻が姿を見せたため、イベント終了後に家宅捜索に踏み切った」

 一方で逮捕の際には、捜査関係者が肝を冷やすシーンも見られたという。

「もともとのタレコミは、『沢尻はMDMAとは別の違法薬物を所持している』というものだった。捜査員は沢尻に路上で声をかけて持ち物検査をしたが何も出てこず、簡易の尿検査も結果はシロ。自宅の捜索を始めても、しばらくは何も出てこなかった。焦った捜査員は部屋のあらゆる場所を捜していった。沢尻の自室を重点的に洗っていくなか、沢尻は観念するように“ここにありますよ。MDMAです”とアクセサリーボックスを指差した。そこからMDMAの粉末が入ったカプセルが出てきた時、捜査員は安堵した」(前出・捜査関係者)

 実は彼女が逮捕された日、捜査員が把握できていない空白の時間がある。沢尻がクラブを出た午前5時半頃から、自宅に到着した8時前までの約2時間半。この間に、沢尻がほかのドラッグを処分したのではないか、という情報もあるという。しかし、実際は違うようだ。

「彼女たちはクラブ帰り、24時間営業のそば店で締めるのがお決まりのコース。あの日も渋谷駅近くのそば店で、みんなで1時間以上はダベっていたと思います。警戒している人なんて誰もいなかったはず」(前出・沢尻の知人)

 久しぶりのオフを前に、楽しい一夜を過ごした沢尻。しかし、その夜を境に彼女の人生は一変することとなった。

※女性セブン2019年12月5・12日号

関連記事(外部サイト)