スノストがFC発足、アクセスできずに頭を抱えたファンたち

スノストがFC発足、アクセスできずに頭を抱えたファンたち

「SixTONES(ストーンズ)」と「Snow Man(スノーマン)」のFC発足でファンは…

 2020年にCDデビューが決定しているジャニーズJr.のグループ「SixTONES(ストーンズ)」と「Snow Man(スノーマン)」。両グループはファンから「スノスト」と呼ばれており、デビューCDにも両グループの楽曲がセットで収録される予定だ。こうした経緯から、しばしば“セット売り”と揶揄されることもあった。

 そんななか、今月20日から各グループ単独の公式ファンクラブ(以下FC)が発足した。“セットではない”FCの開設に歓喜するファンが多い一方で、それに伴う厄介な問題に頭を抱えているファンも少なくないという。Snow Manのファンだという女性Aさん(20代)は、こう語る。

「11月20日の12時からファンクラブの入会受付がスタートしました。その直後にサーバーがダウンし、Twitterでは一向にアクセスできないファンの不安や嘆きの声が上がっています。私も12時ピッタリからアクセスしているのに、1日経ってもまだ『エラー 大変混み合っています。アクセスできません』と表示されました。これだけのアクセスがあるのだから、事務所は事前にサーバー対策をしておいてほしかった。

 また入会規定に関する公式の記載が曖昧で、それに戸惑っているファンも多い。すでに『ジャニーズジュニア情報局』(※ジュニア全体のファンクラブ)に入会しているファンは、入会金1000円が無料になるという『特別新規入会』ができるのです。しかし情報局の方の名義を残したいファンも多く、その場合の継続手続きはどうすべきかなど、はっきりと記載されておらず、ファンは混乱しています」(Aさん)

 他方でSixTONESのファンの女性Bさん(30代)は、FC発足に伴い両陣営のファン数に差があることが露呈しているのではないか、と語る。

「ファンが『何時の時点で入会できました。会員番号は何番です』とツイッターに最新情報を書き込むので、ファンの数が可視化されてしまうのです。すでにSixTONESとSnow Manは会員番号に1万人以上の差が出ています。ここで疑問なのが、明らかにファンの数が多いSixTONESが国内ツアーを行い、ファンが少ないSnow Manがアジアツアーをするという事。国内でもまだ知名度が低いのに、アジアでチケットが捌けるのか? そして独立して集客できるSixTONESがなぜ“セット売り”されるのか、私の周りのスト担(※SixTONESのファン)は疑問を感じています。

 また、アクセスができずファンクラブに入会できないため、SixTONESのアリーナ公演のチケット申し込みができないファンも続出しています。FC発足は良いですが、事務所はしっかりとシステムを整備してから動き出してほしかった」(Bさん)

 このFC発足による公式サイトへのアクセス増加は事務所の想定を超えていたのかもしれない。それで、思わぬとばっちりを受けたのが他のグループのファンだ。嵐ファンの女性Cさん(20代)はこう語る。

「11月20日は、スノストのFC入会開始だけでなく、『嵐』のチケット当落発表、『King & Prince』の番組協力の当落発表、『なにわ男子』の申し込み最終日など、イベントが重なっていたため、数万人規模のアクセスは予想できたはずです。また、この日に公演がある『関ジャニ∞』(昼、夜 公演)や『Aぇ! group』(夜公演)は、会場でQRコードを提示して発券するデジタルチケット方式です。もしアクセスができなかったら会場に入れません。どうにか改善していってほしいです」(Cさん)

 ジャニーズ事務所が圧倒的なファン数を誇るがゆえに、想定外のトラブルも起こりうる。そんな事態に直面したファンたちは皆、今後のシステム改善に期待を寄せているようだ。

関連記事(外部サイト)