春風亭昇太 城好きならではの着眼生かした「井戸の茶碗」

春風亭昇太 城好きならではの着眼生かした「井戸の茶碗」

売れっ子の昇太は城マニアでも有名(イラスト/三遊亭兼好)

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、城マニアとしても知られる春風亭昇太ならではの着眼点を生かし『井戸の茶碗』で爆笑を呼んだ一席についてお届けする。

 * * *
 59歳にして遂に結婚、今や落語芸術協会の会長でもある春風亭昇太。だがモットーの「収まってたまるか、一生ジタバタしてやる」そのままに、相変わらず若々しくパワフルだ。10月5日に本多劇場で観た独演会「オレスタイル」でも、そんな昇太の高座を堪能できた。

 1席目は部長に初めて食事に誘われた夫に「リストラする罠よ」と言って妻が与えた数々の助言が完全に裏目に出る『リストラの宴』。妻の立てた作戦を実行すべく必死な夫の姿がバカバカしくも愛おしい。

 2席目は『お見立て』。冒頭、杢兵衛大尽に会いたくないと仮病を使おうとする喜瀬川花魁に喜助が「見舞いに来ますよ。どうなると思います? 逃げられないあなたの顔の近くに杢兵衛大尽の顔が……」と言うと「イヤッ! そんなことになったら死んじゃう!」と身震いした喜瀬川はハッとした顔で「そうだ、死んじゃったことにしよう!」と思いつく。この展開が昇太らしくて楽しい。杢兵衛の言う「ひぃふ」が「夫婦」だと思わず夫婦約束してしまったという喜瀬川の告白にも笑った。

 そして素晴らしかったのが3席目の『井戸の茶碗』。随所に独自の演出を盛り込みながら屑屋のキャラを生き生きと描く、ダイナミックな演出に引き込まれる逸品だ。

 仏像から出た五十両から高木が二十両、屑屋が十両受け取った後、大家が同道せず屑屋が一人で千代田宅に二十両を届けに行き、屑屋が千代田に「その汚い茶碗でも売ったらどうですか」と提案するのは昇太独自の演出。ここで屑屋の言う「それで猫に餌でもやってるんでしょ」という台詞は『猫の皿』を連想させて落語通をニヤリとさせる。

 この茶碗を細川公が見たいと言うところで昇太は屑屋が集う茶屋が「清正公様のお社の前」だったことに触れ、加藤清正も細川公も「熊本城主」、それがこの噺の「裏のキーワード」だと言う。城好きの昇太ならではの着眼点だ。そして「戦国大名は清正のような出自不明の一群と細川氏のような名門に二分される」と説明、「だから細川公は目が利いた」と井戸の茶碗を三百両で買う場面に繋げた。スマートな展開だ。

 千代田に金を届けた屑屋が「前例に倣って百五十両ずつ……俺の存在が忘れられてる!」と気付くのには爆笑した。これを指摘したのは昇太が初めてだ。固辞する千代田に屑屋が「そもそも周りに高いものがいっぱいあるのによく調べないからこんなことになるんですよ!」と一喝するのも痛快な台詞。随所で爆笑を呼ぶ素敵な『井戸の茶碗』だった。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。

※週刊ポスト2019年11月29日号

関連記事(外部サイト)