石田純一 桜を見る会の招待状届くも官邸から不参加要請

【桜を見る会】石田純一、官邸から昨年は不参加要請 今年は招待状も来ず

記事まとめ

  • 桜を見る会の招待状は芸能界では来ることがステイタスといい、石田純一が言及した
  • 石田は昨年は招待状は来たが、官邸から参加しないように通告されたという
  • 石田は東京知事選で「野党統一候補なら出馬したい」と発言、反安倍と見られているよう

石田純一 桜を見る会の招待状届くも官邸から不参加要請

石田純一 桜を見る会の招待状届くも官邸から不参加要請

招待から一転、出席を断られた(時事通信フォト)

「憲政史上最長の総理」となった安倍晋三・首相が国民に栄耀栄華を見せつけてきたのが盛大な「桜を見る会」だ。大勢の文化人、芸能人、タレント、アスリートが出席して花を添えたが、その“新宿御苑の花見”が各界に混乱を巻き起こしている。

 いまや権力者の花見は招待客にとって“出たら批判され、断われば睨まれる”という理不尽な踏み絵に変わってしまった。

 芸能界では招待状が来ることがステイタスでもある。一度も招待されなかった著名人は、“なぜ”と気にしていたらしい。

 では招待者はどのように選ばれたのだろうか。招待者には総理、副総理、官房長官はじめ自民党幹部らの推薦枠があったが、かつて安倍首相自身が選び方についてテレビ番組でこう語っている。

「これはね、私が選んでいるわけでもありませんし、なんか一定の基準があるわけでもないんですね。まぁ、いろんな人たちから推薦された方々に、推薦状を出している」(『ワイドナショー』2016年5月1日)

「基準はない」といっても、招待候補者が親安倍か、反安倍かどうかのチェックはなされるようだ。

 俳優の石田純一はそれまで毎年のように桜を見る会に出席していたが、昨年は、招待状は来たのに官邸から「参加を取りやめてほしい」と通告されたという。

 石田は前回の東京都知事選(2016年)に「野党統一候補なら出馬したい」と表明(後に辞退)した出来事をきっかけに「反安倍」とみられている。本人の弁である。

「僕の意見は政府の政策と違うことが多かったけど、招待状をいただいて出席の返事をしたんです。そしたら、内閣官房から『その話はなかったことに』と出席はダメといってきた。連絡は文書と事務所への電話の両方だったと思う。今年は招待状も来ていません」

 桜を見る会には、多忙な芸能人や著名人が毎年百人近く出席している。

 そうした芸能人とりまとめのキーマンの一人と見られている人物がいる。自民党の政治資金団体「国民政治協会」職員のI氏だ。芸能プロダクション経営者が舞台裏を語る。

「Iさんが毎年1月下旬頃までに候補者リストをまとめて内閣府にお願いし、招待状が送られるという流れ。官邸から『この人を呼んでほしい』と旬のタレントを指名され、橋渡しをすることも少なくないようです」

 I氏のフェイスブックには、ダンディな帽子をかぶった当人と桜を見る会で撮影した多くの芸能人との写真がいくつもアップされ、芸能界に人脈が広いことがうかがえる。事前に設営のチェックにも訪れており、深く関与しているのは確かなようだ。

 桜を見る会に出席したことのあるタレントも、「Iさんから直接“どうも、どうも”とキャスティングの電話がかかってきます」と彼から直接連絡があったと明かす。

 本誌はI氏の話を聞くために国民政治協会を訪ねたが、受付の女性は、「Iの取材はお受けしません。協会として取材の取り次ぎもしないことになっております」と完全拒否した。

 資金の流れを含めて、多くの疑惑はまだ闇の中だ。

※週刊ポスト2019年12月6日号

関連記事(外部サイト)