デーモン閣下と中村仁美、上手な医療のかかり方を語る

デーモン閣下と中村仁美、上手な医療のかかり方を語る

“ご長寿”の閣下が厚労省のイベントに登場

 アーティストのデーモン閣下とフリーアナウンサー・中村仁美が、厚労省の「上手な医療のかかり方」大使に任命され、加藤勝信厚生労働大臣とともに任命イベントに登場した。

「まだ国民には医療現場の問題が浸透していない」と感じたというデーモン閣下。「今回大使になったことにより、国民がどんなかかり方を心がけていくべきなのか、周知徹底をしていきたいと思います」とコメントした。

 一方、専門家を交えたシンポジウムに参加して、「子ども医療電話相談事業」(#8000)や、救急車を呼ぶべきか迷った時にかける「救急相談センター」(#7119)といった電話番号の存在を知ったという中村。

「子供を連れて病院に行く、というのは大変なことなので、今日『#8000』『#7119』という直接電話で話が聞けたり、疑問に思うことを相談できたりする場所があることを知れたのは、とても良い勉強になりました」と語った。

撮影/高柳茂

 

関連記事(外部サイト)