桜を見る会「呼ばれない」「行った」「行かない」著名人の反応

桜を見る会「呼ばれない」「行った」「行かない」著名人の反応

五輪3連覇ではダメなのか(時事通信フォト)

「憲政史上最長の総理」となった安倍晋三首相が国民に栄耀栄華を見せつけてきたのが盛大な「桜を見る会」だ。大勢の文化人、芸能人、タレント、アスリートが出席して花を添えたが、その花見が各界に混乱を巻き起こしている。

 いまや桜を見る会は招待客にとって“出たら批判され、断われば株があがる”という状況になっている。

 芸能界では招待状が来ることがステイタスでもある。一度も招待されなかった著名人は、“なぜ”と気にしていたらしい。

『ひるおび!』(TBS系)に出演した五輪3連覇の柔道家・野村忠宏氏は、「メディアを通してアスリートとか芸能人の方が首相と一緒に写真を撮られていて、これはどうしたら呼ばれるんだろうな?って、思いながら……」。そう複雑な心境をのぞかせる言い方をしていた。

 安倍首相の“お友達”とされる有識者たちの反応は擁護論と批判に割れた。国際政治学者の三浦瑠麗氏は、“第三者”であるかのようにこうツイートした。

〈桜を見る会が中止に。おそらく「国民感情」への配慮。時の権力者が催す宴には「なぜあいつが呼ばれた」になりがち。全ては国民感情次第ということなのでしょう。でも大手メディアからも沢山招待されて皆さん楽しんできたんですよ。今わかったことではない〉

 ところが、本人も今年の桜を見る会に出席し、当時、娘とのツーショット写真とともにツイッターで報告していたために、ネットでは〈“一般人がお呼ばれしている私たちに嫉妬している”とおっしゃりたい訳ですね?〉などといったコメントが相次いだ。

 一方、首相の“寿司友”で知られる政治ジャーナリストの田崎史郎氏は、安倍首相の後援会から約850人も出席していたことについて「度が過ぎた。やり過ぎ。私ですら(そう思う)」(『ひるおび!』)と苦言を呈した。

 当の田崎氏は招待状が毎年来ているが、同番組で「でも行ったことない」と断言。首相と個人的に食事をする関係だけに、“大勢で一緒に首相に会う必要はない”と言いたかったのだろうか。

※週刊ポスト2019年12月6日号

関連記事(外部サイト)