ジャルジャル福徳秀介 絵本『なかよしっぱな』と相方を語る

ジャルジャル福徳秀介 絵本『なかよしっぱな』と相方を語る

2冊目となる絵本を上梓した福徳秀介

 お笑い芸人ジャルジャルの福徳秀介さんが、11月22日に絵本『なかよしっぱな』を発売した。いとこで絵本作家の北村絵理さんとの共作である。ジャルジャルといえば、持ちネタ8000本以上、そのコント動画を毎日YouTubeにアップし、累計再生回数2億5000万回を突破している。大晦日には108ものネタを披露する8時間超えの単独ライブも開催予定だ。そんな、自他ともに認めるコント職人であるジャルジャルの福徳さんに、絵本制作の裏話やコンビの絆について聞いた。

 * * *
◆絵本のストーリーもコント制作もフレキシブルに

 僕らジャルジャルは、コントも漫才も台本を書いたりはしません。いつも相方の後藤と一緒にジャズのように作っていきます。絵本の場合は一人ですから、ひらめきが下りてきたときに、パッと勢いで書いていくことが多いですね。

 絵本を書いたきっかけは、いとこです。昔からいとこの絵理がめっちゃ絵がうまかったんです。正月にみんなで集まっているときも、すき焼きも食わずにずっと絵を描いていたのを憶えています。数年前に家に行ったときに、絵理が描いた絵を見て、「おれが話を考えるから、一緒に絵本つくらへん?」って誘ったのがきっかけでした。それで、『まくらのまーくん』という絵本を作って、タリーズの絵本のコンテストに応募したら、大賞をいただけまして。それで、また絵本作ろう!となったのです。

 今回の絵本では、「仲良しな話」という軽いリクエストがあったので、鼻の穴って2個やし、ええかなと思ったのが始まりです。ちょうど鏡を見ていて、左と右ってちょっと違うなぁと思ったときだったので、タイミングがばっちん合いました。「みぎっぱな」「ひだりっぱな」という言葉の響きも、バチコン、バチコン、と決まって、気に入っています。

 当初のストーリーは、実は全然違うものでした。右の鼻の穴を擬人化したらそこには目鼻があるんで、右の鼻の穴の右の鼻の穴のさらに右の鼻の・・・・・・っていう、壮絶にややこしいものを考えていたんですけれど、編集者さんと相談して違う方向でいきましょう!ってなって。急に方向が変わっても、わかりましたー!ってすぐに方向転換できますね、僕はそういうタイプ。コントをたくさん作っているので訓練ができています。

◆何でも擬人化して見ています

 今回「穴」が主人公ということで、あまりにも形がなさすぎて悩んだのは事実です。「穴」って実体がなくて空気みたいなもんやし、お話を書いときながら、絵にするのは不可能?と思っていました。作画に関してはいとこの絵理におまかせでした。そうしたら、ものすごく真っ黒な「みぎっぱな」と「ひだりっぱな」があがってきた。想像以上にバリッバリの穴やったんで、なるほど!と、思いました。

 僕は普段からよく物を擬人化して考えるんです。空のペットボトルを捨てるときでも、ラベルを剥がしながら、「まるで服を脱がすようやな、ごめんな」って思いつつ分別してます。水とお茶じゃ色も違うし、服(ラベル)の感じもちゃいますよね。水は水着っぽいし、お茶は着物っぽい。コーラは外国人、アクエリアスは中国人、なんかチャイナドレス感がありますね。ファンタは子どもっぽいイメージ。

 だからホンマは鼻の穴も、もっとちゃんとした人の形をイメージしていたんですよ。でも、そうすると、鼻の穴に“住んでる人”みたいになってブレてたかもしれないですね。絵理が形にしてくれた「みぎっぱな」と「ひだりっぱな」は、モヤモヤしたものが形になったみたいで、すごい!と思いました。

◆しゃべらなくても分かり合える、かけがえのない存在

『なかよしっぱな』のテーマである、かけがえのない存在。僕にとっては相方でしょうね。僕ら楽屋がいつも二人一緒なんですけど、たまに一人で出る場合は楽屋も一人になるんが、非常に嫌ですね。かといって楽屋で二人一緒にいても1ミリもしゃべらんのですけど(笑)。後藤とはしゃべる必要がまったくないんです。しゃべらなくとも考えていることが分かるし、空間も共有できる。そんな人間少ないですよね。何十年も毎日会う友だちなんていないですよ、普通は。

 2017年と2018年のM-1グランプリの決勝でやったネタ、「ピンポンパンゲーム」や「国名わけっこゲーム」、あれも本番で何回言うとか決めていなくて、アドリブでした。あくまでもゲームなので、決めすぎると面白くならなくて。舞台上でじゃんけんしているのと一緒ですから。結果を知ってからボケて、あとはリズミカルに、その日のお客さんの笑いに合う返しができたらベストです。誰とでもできるわけじゃなくて、やっぱり後藤とじゃないとダメですね。二人ともゲーム発案者ですからね。

「国名わけっこ」のネタができたきっかけは、大御所の先輩のツッコミ「なんでやねん」の言い方から。「なんでやねん」って、徐々に「なん」を言わなくなるじゃないですか。「でやねん!」しか言ってないのに、「なん」が聞こえてくるっていう。そんなやりとりを小一時間していたら、あの漫才ができていました。

 もうすぐまたM-1グランプリの時期がやってきますね。僕らはずっとコントだけをしていました。漫才は毛嫌いしていました。でも、M-1グランプリに漫才の面白さを気づかせてもらい感謝しています! ラストイヤーだった昨年の挑戦が終わって、今後、漫才にあそこまで本気になることはないかもしれない…と思っていましたが、今後もしかするとまた漫才に取り組む可能性が大です。そのときはどうか優しい目で見てください。

◆相方の後藤は親友

 僕と後藤は高校の同級生で、ラグビー部で出会いました。クラスは違っていましたけれど、授業の休み時間はいつも二人で保健室へ行ってベッドで遊んでたから、なにしてんねん!って、ゲイ疑惑が起こるくらい仲良かったです(笑)。そのとき保健室登校をしていた子を笑かしたりとかもしてました。毎日のように保健室で遊ぶ僕らを許してくれた保健の先生の存在は大きいですね。その先生は今でも僕らのライブを見に来てくれてます。

 このころは、告白されたら報告、デート行ったら次の日はこと細かく報告、とにかくなんでもかんでも言い合ってたけど…それがいつしかなくなりました。昔、月10回くらいしか仕事がないときなんかは、仕事以外ずっとネタ合わせしていて。これが徐々に月に20回仕事、28回仕事となってきたら、オフの日は休むようになるんですよ。会わんくなるんですよ。そこからあんまりプライベートな話しなくなりましたね。365日会ってたんが、休みが浮き彫りになってからはオンとオフっていう考え方になってきたんですかね。あと1回、後藤が彼女できたときに僕に報告してこなかったことがあったんですよ。先に後輩に報告してたんすよ。お、そうきたか。と思いましたね。特につっこまんと、まぁそんな感じなんやな、お前はって。寂しくはなかったですけれど、親友という「軸」は根強くありつつ、まあ、ビジネスパートナーになってゆくな〜みたいな感じですね。

◆ジャルジャルのコンビ愛、キーワードは“ラグビー”!

 さすがに、今年9月のキングオブコントの決勝の直前に足の小指を骨折したときは、最初に相方に言いました。LINEで「小指打ったから、病院行ってくるわ。レントゲン撮ってくる」って。診察終わって「ゴメン、骨折してたわ」って送ると、後藤は「なんなんそれ? …ま、なんとかなるやろ」って感じでした。結局ネタを変えざるを得ない状況になりましたが、やっべ、怒られる!なんてまったく思わなかったですよ。正直、ゴメンとも思わなかったです。ラグビーやってたんが大きいですね、ラグビーには怪我がつきものなので。これはラグビーちゃうけど(笑)。

 今年11月から始まった単独ライブ全国ツアー初日の直前には、後藤が高熱で救急車で運ばれましたが、そうなったらなったで怒ることでもなく、どうしようか考える。20年たってそういうコンビになっているんですね僕らは。コンビ愛って、どこもそれぞれ、いろんな形で絶対あります。僕らは、ひと言で言えばラグビー。One for all, all for one.の精神で、Fukutoku for Goto, Goto for Fukutoku.です(笑)。

●取材・和田明子

【PROFILE】福徳秀介(ふくとく・しゅうすけ)/1983年生まれ、兵庫県出身。同じ高校のラグビー部だった後藤と2003年にお笑いコンビ「ジャルジャル」を結成。TV・ラジオ・舞台等で活躍。昨年のM-1グランプリは結成15年目のラストイヤー組として挑み、決勝戦に進出するも惜しくも優勝を逃す。キングオブコント2019では第三位と賞レースの常連である。2016年から福徳単独の活動として絵本の文筆も始める。北村絵理氏との共作『まくらのまーくん』は第14回タリーズピクチャーブックアワード大賞を受賞。

関連記事(外部サイト)