泰葉が働く清里のペンションに宿泊 その仕事ぶりは?

泰葉が働く清里のペンションに宿泊 その仕事ぶりは?

表情が柔らかくなった泰葉。ペンションのオーナー夫妻は仕事ぶりを賞賛していた

 

世間を賑わせた彼女の現在の生活やいかに──。山梨・清里のペンションに住み込みでアルバイトをしている、シンガーソングライターの泰葉。都心から特急列車とレンタカーを乗り継ぐこと2時間半、記者が一泊二日でペンションに宿泊してみると、泰葉の元気な姿が垣間見られた。

 泰葉の給料は時期によって異なり、オフシーズンの現在は月給十数万円程度だが、夏休みやゴールデンウィークなどのピーク期には日給1万円で計算するため、月収20万円以上になるという。給料にプラスして、住居と三回の食事が付いていることを考えれば、まずまずの待遇と言えそうだ。だが、総額3000万円とも言われていた巨額の借金は、それで返せるのだろうか?

「法の力を借りて返済することにしましたが、具体的には記事に書かないでください。金額は言えませんが、5年以内に全額返済できる予定です。今はタバコもやめましたし、出費が全然かからないんです。以前乗っていたBMWは処分したので、クルマも持っていません」

 詳細については書いて欲しくないそうなので避けるが、ともあれ、返済のメドが立ったとのこと。

 現在は朝5時に起きて身支度を済ませ、午前7時〜9時まで朝食の支度と片付け。10時のチェックアウトを過ぎると、各部屋の掃除に取り掛かる。昼食を取ったあとは、しばらく自由時間になることも多いそうだ。

「午後はお昼寝や刺繍、読書などをして過ごしています。最近は『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(文藝春秋)を愛読しています。私の父である林家三平も“天才”と呼ばれていたので、共通点を見つけたいと思いまして。天才の仕事を分析したいんです」

 夕方からは夕食の準備と片付けを行い、午後9時過ぎには布団に入るというから、極めて健康的だ。ペンションの離れに個室を用意してもらっているそうだが、居室を見せてもらえないかと記者が頼んだところ、「ダメー! 汚くしちゃっているから」と断られた。

 ペンションの周囲は山林に囲まれ、日没とともに暗闇に包まれる。商業施設は限られており、最寄りのコンビニまでは歩くと1時間もかかる。

「自然のなかに身を委ねる快感を覚えました。精神衛生上すごく良い環境なので、これからもお手伝いを続けたいです」と泰葉は言う。ペンションのオーナー夫婦も「とてもよく働いてくれています」と満足そうだ。

 12月からのオフシーズンは東京の知人宅と清里のペンションを行き来する生活になるというが、東京に戻ったときは、また恋愛がしたいと明言する。

「婚約解消以来、ずっと恋愛をしていないので、東京での出会いが楽しみです。私は現在58歳ですが、死ぬまでにもう一回結婚します。内助の功として夫を出世させるのが得意ですし、好きなんです」

 芸能界を離れたことで、見えてきたことも多いという。

「今まではお手伝いさんやお弟子さんがやってくれていたので、掃除が苦手でした。でも、ペンションの仕事のおかげで、得意になりました。第二の花嫁修行です。次の私の旦那さん、相当幸せですよ!」

 都会から隔絶された生活のなかで、自分を見つめ直す機会もあったようだ。

「私は小さい頃から芸能界で育ってきたので、一般社会を知らなかったんです。家族のほのぼのとした温かさや楽しさを知らずに来てしまいました。薄い人間でした。清里の生活で、人間の幅が広がったと思いますし、すべてがうまくいっています。清々しい、清らかな気持ちで日々過ごしています。まさに清里です」

 実家・海老名家とはかつて“絶縁宣言”をして縁を切ったと表明していたが、父方の従兄弟の兄が、これまでに3回清里を訪れ、母親の近況などを伝えてくれたという。

「いつか家族にも会いたいなと思っています。会える日も近いんじゃないですかね!」

 ペンションでは食器洗いやトイレ掃除、掃除機かけなどに汗を流していた泰葉。何かが吹っ切れたかのように終始ポジティブなフレーズを連呼していたが、長い迷走の果てに、ようやく安住の地を見つけたのかもしれない。

■取材・文/西谷格

関連記事(外部サイト)