イッセー尾形 演じる手がかりの「見つからなさ」も喜びに

イッセー尾形 演じる手がかりの「見つからなさ」も喜びに

イッセー尾形は演じる手がかりをどう掴む?

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優・イッセー尾形が、映画『太陽』や『沈黙』で外国の監督や俳優、スタッフに囲まれて芝居をしたときの思い出を語った言葉をお届けする。

 * * *
 イッセー尾形は二〇〇五年、ロシアのアレクサンドル・ソクーロフが監督した映画『太陽』に主演、昭和天皇を演じた。

「僕の中での陛下は、東京オリンピックでの開会宣言のイメージが一番強いので、それを頼りにロシアにまで行きました。

 おかしかったのは、メークのおばちゃんが髪の毛を切ってくれるんですが、『こんな硬い髪の毛は初めてだ』と笑うんです。それで親しくなりましたし、その間にコーヒー飲んだり、クッキー食べたりして、幸せでね。

 そうやって心が温かくなる準備ができていたものですから、撮影も楽しくやれました。

 監督も柔軟な方で、褒め上手なんですよ。『こうして』とか僕にはほとんど言わないで、『さあ、見せてくれ』という感じでね。それが僕にとっては自由なんです。それで『よし、やろう』となりました。

 僕は台本を読み終えていざ演じる時、最初に演じる手がかりになるものを探して、そこにしがみついて演じます。見つからない時は見切り発車。不安ではありますが、その見つからなさを喜びにしようと思っています。

 ただ、この時は最初のイメージにしがみつくだけでは追いつかない場面がいっぱい出てくるんです。そこは直感でやりましたね。そうしたらメークのおばちゃんが抱きついてきてくれて『あんたは、なんて素晴らしいんだ』って。それから、しがみつくことなくインスピレーションで動けるかなと思いました」

 香淳皇后役の桃井かおりとは舞台で二人芝居もやってきた。

「舞台の延長みたいでしたね。撮影の前の日に二人でプランを練り合って、それを阿吽の呼吸で見せる。自分の台本にないことなんですが監督も『面白いね』と言ってくれました。

 舞台の時は全て即興でした。あらかたのあらすじだけ決めておいて。『体で台本を書く』という方法でした。台本を模倣するんじゃなくて、『俺自身が鉛筆なんだ』みたいな」

 二〇一六年にはマーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙』で、キリシタン弾圧を指揮する井上筑後守を演じた。

「これは妙に自信がありました。井上のイメージがあったから。

 井上は、ほほ笑むんです。よく外国人が『日本人は薄ら笑いをしていて何を考えているか分からない』と言うのを聞いていたので、ほほ笑みから入ろうと。そこから役が育っていく。そういうプランがあったので、どんな規模の大きな現場であろうが楽しもうという感じでした」

 弾圧される宣教師の一人はリーアム・ニーソンが演じている。

「半端じゃなく役を作ってきますね。アメリカではメソッドといって内面からその役をとらまえるやり方が主流です。それを目の当たりにして、僕にはできないと思いました。もちろん否定するわけではありません。

 それだけ一つの役に真剣なので、ニーソンさん、本番かかると存在がのしかかってくる。何も言わないのに、目が燃えていて。それでいて冷静に芝居を組み立ててコントロールしている。役作りだけでなく人間の捉え方が分厚いな、と思いました」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『すべての道は役者に通ず』(小学館)が発売中。

■撮影/藤岡正樹

※週刊ポスト2019年12月6日号

関連記事(外部サイト)