石原良純、何度も口にする「おもしろい」の意味は?

石原良純、何度も口にする「おもしろい」の意味は?

『ザワつく!金曜日』スタジオ。収録の合間も石原のしゃべりで場がどんどんなごみ、後半の収録も絶好調(撮影/田中智久)

 テレビを観ていると見かけない日はないというくらい引っ張りだこの石原良純(57才)。政治家で小説家の父、昭和の大スターの叔父。サラブレッド中のサラブレッド石原は、慶應義塾大学在学中に映画『凶弾』で主演デビューを飾った。

 そんな石原はバラエティー番組などで、何度も「おもしろい」という言葉が出てくる。そう、石原良純は“おもしろいと思う心”を燃料にして動いているのだ。たとえば、ロケ番組。

「この間ロケに行った山形県鶴岡市は日本で唯一ユネスコに食文化が登録されているところなんですよ。なぜかというと、戊辰戦争で最後まで明治新政府にたてついたから県庁所在地にならなくて、でも北前船はあったから古い文化が残ってる。そういうのがわかるとすごくおもしろいですよね」

 たとえば、ニュース番組のキャスター。TOKIOの城島茂(49才)とキャスターを務める『週刊ニュースリーダー』は、「ぼくと城島さんとでは、こだわるところが違うんです。ぼくが興味を持ったニュースを城島さんはそうでもなかったり、ぼくは流したのに城島さんが掘り下げたり」

 人によって興味を持つ対象が違うことがおもしろいのだと言う。そう、石原良純の“おもしろいと思う心”は、イコール知的好奇心なのだ。

『週刊ニュースリーダー』ではお天気のコーナーも担当しているが、気象予報士の資格を取ったのも、知的好奇心から。「ぼくは海辺で育ったから、常に海や空が目の前にあったんです。すると『どうして雲ができるんだろう?』とか『なぜこんなふうに風向きが変わるんだろう?』と、子供心に不思議でしょうがなかった」

 そのことを気象予報士の森田正光氏(69才)に話したのは、ちょうど気象予報士制度が始まる直前のこと。

「森田さんから『気象予報士の勉強をすればすべて科学として解明できますよ』と言われて、『やった! 子供の頃の謎が解けるぞ』と思って、勉強して試験を受けたんです」

 1997年、気象予報士に合格。

 謎が解けておもしろかったかどうか尋ねると、「ぼくは本当にわくわくした。でも、それはぼくが天気に興味があったからなんですよね。ほかにも、電車や城が好きですごく興味があるけど、『なぜ?』と問われても、『好きだから』としか答えられない。同じように、『なぜバラエティー番組やトークが好きなの?』と聞かれても『いろんな人がいろんなことを言うのがおもしろいから』としか言えないんですよね」

 知りたいことがあるから、おもしろいことに出合いたいから、石原良純は今日も日本中を飛びまわる。そして、私たちに“おもしろい”を届けてくれるのだ。

【プロフィール】
いしはら・よしずみ/1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。1982年に映画『凶弾』で主演デビュー。映画やテレビドラマ、舞台に多数出演。1997年に気象予報士の資格を取得し、人気お天気キャスターとしても活躍。現在は『ザワつく!金曜日』『週刊ニュースリーダー』(ともにテレビ朝日系)をはじめ、多数のレギュラー番組を持つ。

※女性セブン2019年12月5・12日号

関連記事(外部サイト)