タッキー、真田広之も 俳優育てる名作『里見八犬伝』

タッキー、真田広之も 俳優育てる名作『里見八犬伝』

舞台『里見八犬伝』は個性的な俳優が勢揃い(公式HPより)

 映画、ドラマ、舞台で繰り返し上演される時代劇は多いが、その1つが『里見八犬伝』だ。この『里見八犬伝』、これまで多くの有名俳優を輩出してきた。その最新作の魅力と、過去の意外な出演者についてコラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 明治座で東京凱旋公演中の舞台『里見八犬伝』(12月8日まで)。「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」八つの不思議な光る玉を持つ八犬士が、この世を闇で支配しようとする悪霊集団と熾烈な戦いを繰り広げるというスペクタクルな物語。原作は約200年前に滝沢馬琴が執筆した長編小説『南総里見八犬伝』だ。

 なんと江戸時代、馬琴先生が執筆している最中にすでに歌舞伎になったという人気シリーズ。これまでも数多くの映画、ドラマ、舞台作品になってきた。今回の作品では、主役の犬塚信乃を佐野勇人、仲間となる八犬士が犬川荘助(松田凌)、犬田小文吾(岐洲匠)、犬江親兵衛(神尾楓珠)、犬坂毛野(塩野瑛久)、犬村大角(上田堪大)、犬飼現八(結木滉星)、犬山道節(財木琢磨)という顔ぶれ。原作者もワンコ名前八人考えるだけでも大変だったに違いない。

 ペリーは70年代にNHKで放送された人形劇『新八犬伝』でこのストーリーを知ったが、こども心に「毛野って…」と名前だけですっかりケノファンになってしまった。ちなみに毛野は、美貌の女芸人なので女装して登場。塩野も魅惑のメイクで現れる。毛野だけじゃない。レッドやブルーと明確な色分けはしていないものの、八人は「仁」「義」と持つ玉の意味に合わせて個性がはっきりしている。また、敵は全員悪霊とはいえ、頂点に女親玉の玉梓(白羽ゆり)がいて、その下に武将幹部ふたり、そして戦闘員と組織ができている。世界を守るために若者が悪の組織に立ち向かうというこの展開。これはまさに200年前に生まれた戦隊ヒーローだ。

 八犬士は、とにかく出てくるたびに大立ち回りの連続。岩山や洞窟など起伏が激しい舞台装置の上り下りだけでも大変だが、加えて武器も刀やら槍やら、棒、斧を持つ者もいたりしての大暴れである。聞けば、殺陣は初めての佐野勇人は稽古を半年以上続けたという。佐野勇人といえば、映画『ちはやふる-結び-』や『小さな恋のうた』、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』など学園と女子がらみの作品の印象が強いが、信乃はまるで別人だ。

 1983年の映画『里見八犬伝』では、八犬士親兵衛(真田広之)とヒロインの姫(薬師丸ひろ子)のラブストーリーとおどろおどろしい悪霊(恐るべき夏木マリ)にすっかり目を奪われそうになったが、犬塚信乃はこの後に必殺シリーズでブイブイ言わせることになる京本政樹が演じていた。2006年のドラマ『里見八犬伝』の信乃は、前の年に大河ドラマ『義経』に主演したばかりの滝沢秀明だった。かつては新人時代にドラマや映画で時代劇を経験し、キャリアを積んで大御所になるケースも多かったが、近年、舞台で初時代劇という出演者も増えている。

なお初演より演出は1983年映画版の深作欣二監督の息子・深作健太。舞台では父と息子の葛藤も描かれ、作品との縁の深さを感じる。今回の八人は、かなりのチャンバラ好きになったと見た。『南総里見八犬伝』はさまざまに形を変えつつ、令和の今も俳優を育てている。名前は馬だけどワンコヒーローを考えてくれた馬琴先生に感謝!

関連記事(外部サイト)