神田沙也加、不倫だったらその代償はどうなるか

神田沙也加、不倫だったらその代償はどうなるか

11月下旬、一夜を明かし、秋山のマンションから出てきた沙也加

 女優・神田沙也加(33才)と俳優・村田充(42才)がともに離婚したことを発表した。正式な離婚のタイミングは明らかにされなかったが、今年の10月頃には2人は別居、神田はジャニーズJr.内ユニット「MADE」のメンバー・秋山大河(27才)と交際中だという。

◆ディズニー映画の不祥事の代償

 沙也加と秋山が初めて顔を合わせたのは、今年7月に共演した舞台『SHOW BOY』での共演だ。それ以来、急速に仲を深めていったという。交際が始まったタイミング次第では、不倫関係となる沙也加と秋山。もしもそうであった場合、近しい人々が心配するのが「不倫の代償」だ。

 近年の例をみても、2017年8月、50代男性医師との不倫が発覚した斉藤由貴(53才)は、出演予定だった『西郷どん』(NHK)を辞退することになり、今年5月には、複数のファンとの“車中不倫”が報じられた原田龍二(49才)が舞台『サザエさん』を降板している。しかも沙也加が現在声優として出演しているのは、世界中で上映されているディズニー映画『アナと雪の女王2』だ。

「一般的に世界規模で公開される映画は不祥事に非常に厳しく、出演に際してさまざまな契約書にサインするといわれています。子供たちに夢を与えるディズニー映画となるとかなり厳しいのでは。その中には、スキャンダルに関する罰則も含まれる。

出演者の不祥事が明るみに出れば、損害賠償が発生することになります。不倫と同列で考えることはできませんが、前作の『アナ雪』でオラフの声を担当していたピエール瀧が麻薬取締法違反で逮捕された時は声優が交代となり、違約金と損害賠償があわせて30億円を超えたという報道もありました」(映画業界関係者)

 リスクを冒しても貫きたい恋だったのか…。

※女性セブン2019年12月19日号

関連記事(外部サイト)