『アナ雪2』の見どころ QUEENオマージュや隠れキャラ登場も

『アナ雪2』の見どころ QUEENオマージュや隠れキャラ登場も

1作目に続いて2作目も大ヒット中の『アナ雪』(Ph:Getty Images)

「レリゴ〜♪」の歌声が日本を席巻してから5年、11月22日に『アナと雪の女王2』が日米で同時公開された。公開10日目で日本国内の興行収入は43億582万円、観客動員数338万人を記録した。緻密に作り込まれた『アナ雪2』の謎を知れば、映画館へ足を運ぶ魔法にかかること間違いなし!

 明るくて家族思いのアナと、アナの姉で、雪や氷を作り出す「魔法」の力を持つ一国の王女エルサ。前作では、その特殊な力を恐れて部屋に引きこもっていたエルサが、アナとの「真実の愛」によって「ありのまま」の自分を見つけ出す、姉妹の絆を描いた。

 物語の中では3年の時が経ち、アナは21才、エルサは24才に成長。続編となる今作ではエルサの魔法のルーツを明かす旅が繰り広げられる。映画ジャーナリストの立田敦子さんはこう予測する。

「前作公開時、高いクオリティーで知られる従来のディズニーアニメーションと比べ、作品の評価はそれほど高くありませんでした。なので、当初から続編の構想があったわけではないと思います。しかし、王子さまとの恋ではなく『姉妹の愛』を選ぶ前代未聞のプリンセスとキャッチーな主題歌が時代に受け入れられ、大ヒットに結びつきました」(立田さん・以下同)

 前作をメガヒットに導いたメイン曲『Let It GO』ほど今作には子供にもわかりやすくキャッチーな曲がないともいわれ、「前作ほどリピーターが現れないのでは」というシビアな声もあるが、一方で、「今作の方がよかった」という感想も少なくない。世界が待ち望んだ『アナ雪2』の魅力を解剖したい。

◆史上初!パンツスタイルのプリンセスたち

「クリスチャン・ディオール」や「アレキサンダー・マックイーン」などのハイブランドのデザインを参考にしていると噂されるアナとエルサの衣装だが、今作では豪華なドレス姿ではなく、タイトなパンツスタイルで冒険に挑む。

「エルサのあまりの強さに驚いた人も多いのでは。アメコミ映画でも強い女性はたくさん描かれていますが、パンツスタイルで戦うエルサはまるで“ワンダーウーマン”のようだと評判です」

 パンツスタイルのプリンセスが2人も登場するディズニーアニメーションは史上初。さらに、いつもロングドレスだったエルサが裸足を見せるのも今回が初めてだ。

◆クリストフのMVはQUEENのオマージュ?

 アナの恋人のクリストフが、切ない男心を表現した『恋の迷い子』を歌い始めた瞬間、なんとも“クサい”演出に劇場にはどよめきが起こることも。

 クリス・バック監督は「この曲は80年代のロックバラードやMV(ミュージックビデオ)にインスピレーションを受けた」と語っており、男性が自分の気持ちを歌い上げる曲が自然だった当時の米国の音楽シーンを再現している。暗闇にクリストフとトナカイたちの顔が浮かび上がるシーンは、QUEENの『ボヘミアン・ラプソディ』のMVをモチーフにしていると噂されている。

◆トトロも!? 「隠れキャラ」目撃情報

 映画が始まった直後、幼いアナとエルサが遊ぶ氷の人形の中に、ベイマックスやダンボの姿が。さらに、一部の米国メディアによると“トトロ”も潜んでいるという。

 そのほか、雪だるまのオラフがジェスチャーゲームを行う場面では、耳が丸くて黒いおなじみの「ねずみ」の姿が。

※女性セブン2019年12月19日号

関連記事(外部サイト)