離婚の神田沙也加、確執あった母・聖子と生き様が似てきた

離婚の神田沙也加、確執あった母・聖子と生き様が似てきた

11月下旬、一夜を過ごし、翌日、秋山のマンションから出てきた沙也加

 女優・神田沙也加(33才)が、2017年に結婚した俳優・村田充(42才)と離婚したことを発表した。正式な離婚のタイミングは不明だが、今年の10月頃には2人は別居、神田はジャニーズJr.内ユニット「MADE」のメンバー・秋山大河(27才)と交際中だという。2人が初めて顔を合わせたのは、今年7月に共演した舞台『SHOW BOY』。名古屋の出張公演の期間中に二人は距離を縮めていったという。過去を振り返ると、沙也加は共演者と交際に発展するケースが少なくなかった。

 初ロマンスは2004年の17才で、相手はドラマで共演した石垣佑磨(37才)。その翌年には、楽曲の共作で知り合ったギタリストの北野正人(45才)と、さらに2009年には舞台『レ・ミゼラブル』で恋人役として共演した山崎育三郎(33才)との熱愛が報じられた。

 2011年にはミュージカル『ファンタスティックス』でキスシーンもある恋人役で共演した田代万里生(35才)、沙也加とユニット「トラストリック」を組んだギタリストのBilly(39才)が続き、結婚した村田とは舞台『ダンガンロンパ』で共演している。

 こうした恋多き女性の姿は、沙也加の母・松田聖子(57才)とも重なる。

 聖子は郷ひろみ(64才)と破局後の1985年、映画『カリブ・愛のシンフォニー』で共演した神田正輝(68才)と結婚して、翌年に24才で沙也加を出産した。

「聖子さんは結婚後もドラマで共演した真田広之さん(59才)や宅麻伸さん(63才)などとのデートが発覚。1998年には主治医だった歯科医と“ビビビ再婚”をしました。その後、プロデュースとツアーを手がけたミュージシャン・原田真二さん(61才)とのダブル不倫疑惑が報じられた後、歯科医と離婚し、2012年に別の歯科医男性と再々婚。共演者や身近な人と恋に落ちる体質に遺伝があるとは思いませんが…」(芸能記者)

◆聖子と同じ道を歩んでいる

 聖子と沙也加はひとつの服を共有するほど仲がよく、一卵性親子といわれたこともあったが、その半面、娘は母の奔放さに悩まされ続けた。

「聖子さんが神田さんと離婚した後、沙也加ちゃんは世田谷区内の私立小学校から千葉県内の学校に転校し、再婚時にはロスの日本人学校で過ごしました。聖子さんの2度目の離婚に伴って帰国後にも、母親の仕事と恋愛の関係で生活が落ち着かず、学校を転々とした。多感な時期に聖子さんに振り回されましたからね」(聖子の知人)

 2015年に沙也加が出版した初の自著『Dollygirl』(宝島社)では、恋と仕事に邁進する母親に翻弄され、4度の転校を繰り返した中学時代に壮絶ないじめにあったという過去を明かした。

 その本では父・神田とのツーショットをはじめ数々のプライベートフォトを披露したが、母・聖子の写真は1枚も掲載されなかった。

「聖子さんが沙也加ちゃんの仕事や恋愛に口を出し、2人に溝ができていったんです。18才だった沙也加ちゃんが12才年上の北野さんと交際した際、猛反対する聖子さんに沙也加ちゃんが『ママは好き勝手やっているのに、なんで私はダメなの?』と激しく反発しました。お互いにモノを投げ合ってガラスが割れ、近所の人の通報で警察が駆け付けたほどです。

 その後、2008年に聖子さんが当時恋人だった男性を専属マネジャーにして、自宅に迎え入れて同居を始めると沙也加ちゃんは居場所をなくし、自宅を飛び出したこともありました」(前出・聖子の知人)

 村田との結婚発表後も、沙也加はインスタグラムに神田と村田とのスリーショットをアップしたが、聖子はコメントすら発表せず、結婚式にも出席しなかったことから、「母娘の断絶」がクローズアップされた。しかし、最近になって母娘関係が“復縁”したという声もある。

「聖子さんは、“沙也加さんの成人後はプライベートに干渉せず、マスコミにコメントを出すこともしない”との信念を貫いているだけで、断絶なんてありません。ただし沙也加ちゃんにとって聖子さんは愛憎半ばする存在であることは間違いない。そんな母と同じような道を歩むことになるとは、複雑な気持ちでいることでしょう」(聖子と沙也加を知る関係者)

※女性セブン2019年12月19日号

関連記事(外部サイト)