沢尻エリカ、交際相手への揺れた思いと母を助けたい気持ち

沢尻エリカ、交際相手への揺れた思いと母を助けたい気持ち

母親への親孝行を考えていた沢尻(時事通信フォト)

 MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反の容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33才)。尿鑑定では“シロ”であり、起訴猶予となる可能性もあるという。

 そもそも、今回の逮捕は警察への情報提供から始まった。

「ドラッグのガサ入れは一発勝負です。あの日、沢尻の自宅にドラッグがなければ逮捕することができませんでした。警察としては、沢尻を逮捕することで、それに連なるドラッグルートを解明したいわけですが、沢尻の逮捕に失敗すれば、彼女の周囲も警戒してしまい、これまでの苦労が水の泡になってしまいます。つまり、捜査員は家に確実にドラッグがあることを知っていた。そう考えると、沢尻に非常に近い人物からの密告があったと考えられるのです」(全国紙社会部記者)

 現在、沢尻の周囲では“密告者捜し”も行われているという。沢尻と共同でMDMAを所持していた容疑で逮捕された元交際相手のファッションデザイナー・NAOKIこと横川直樹容疑者(38才)も疑われている。横川は沢尻逮捕の直前、渋谷のクラブ「W」に一緒にいた。

「直樹を疑う声はありますよね。直樹が『W』にエリカを呼んだといわれていますし、エリカの家にMDMAがあったことを彼は知っていたはずですから。しかも、彼の自宅にガサが入り逮捕されたのは10日後というのも不思議です。もちろん彼が密告者だという証拠はないし、彼も逮捕されているから無傷ではないわけで…」(沢尻の知人)

◆私の夢はもう一度お母さんにお店を

 沢尻と横川の交際については、友人たちの間でも賛否あったという。ふたりは8年もの間、つきあったり別れたりを繰り返していた。

「エリカは強がったり、悪ぶったりするところもありますが、どこか自分に自信がないところがあって、精神的に弱いんです。だから、自信家でズバッとものを言い切ってくれる人に憧れ、のめり込んでしまう。直樹はそういうタイプの男性です」(沢尻の親友)

 一方の横川も、沢尻を必要としていた。

「直樹はデザイナーとして有能だし、センスもあるけれど、まだ大成功しているとはいえず、発展途上の人。彼は、4年前に『NAOKI-R』というブランドを立ち上げ、盛大なパーティーを開きました。有名人がたくさん来て、多額の資金も集めたそうですが、実績の乏しい彼がお金も人脈も得ることができたのは、エリカが協力してくれたおかげという人もいます。実際、エリカは金銭面でも彼をサポートしていた」(前出・親友)

 お金に関して、沢尻は最近こんなことを友人たちに話していた。

「『お母さんにもう一度お店をやってもらいたい。そのために、もっとお金を貯めなきゃ』って。エリカは母親のリラさんにすごく感謝しているんです。父親はエリカが小学生の頃に失踪し、2番目のお兄さんは10代の時に交通事故で亡くなってしまいました。エリカはお母さんといちばん上のお兄さんと3人でつましく暮らしてきた」(前出・親友)

 アルジェリア系フランス人のリラさんは、地中海レストランを経営し、毎日厨房に立って一家を支えた。

「リラさんは2007年にお店を閉めましたが、その後も料理本を出版するなど、料理への思い入れが強く、それだけにエリカもお母さんに再びお店を出させてあげたかった。

 でも、今のエリカの収入ならすぐにでもお店を出すことはできたはず。それができないことに私たちは疑問を感じていました。“直樹を支えるために、多額のお金を貢いでいたんじゃないか”と言う人もいました」(前出・親友)

 実際、横川と別れるように忠告した友人もいるそうで、沢尻自身も横川との関係に疑問を持ち始めていたという。

「エリカは今年に入ってから、直樹と距離を置き始め、一度は別れたんです。そして、夏頃からつきあい始めたのが、都内で飲食店を複数経営しているAさんでした。Aさんは、エリカの歴代彼氏とはまったく違うタイプ。明るくまじめで、能弁ではないけれど優しい。今までのエリカだったら絶対に選ばないような男性なんです。Aさんとつきあい始めた頃から、“エリカは変わろうとしているんだな”と感じました。彼女自身も“結婚するならAのような人だよね”と言ってましたから」(前出・親友)

 しかし、安心感と刺激、相反する2つのものを求め、沢尻の心は揺れ動いていた。

「9月頃には、“Aはいい人なんだけど、刺激的じゃないんだよね”と言っていたんです。そして、11月に入ってから再び直樹と連絡を取るようになりました。Aさんとは別れていたのかはっきりしませんが、少なくとも逮捕の日は連絡を取り合っていたようです。Aさんは、エリカに“直樹に誘われても『W』には行くな”と忠告していたそうです」(前出・親友)

 穏やかに包み込んでくれる男よりも、いつも強気で自分にも強さを与えてくれそうな男に惹かれる。そこに、彼女の弱さが見え隠れする。

 そんな沢尻の一面を表すエピソードがある。2007年、映画の舞台挨拶で、司会者の質問に不機嫌な態度で「別に…」と答え、大バッシングを浴びた時のことだ。

「あの騒動の夜、エリカはある俳優さんを呼び出しました。レストランにノーメイクでやってきた彼女は、『やっちゃった。なんであんな態度を取ったんだろう』と泣きじゃくっていたそうです。

 もともと彼女は純粋で、ストレートにものを言うため、周囲に誤解されやすいところがあります。何気ない言動が誤解され、周囲の人から腫れ物に触るような扱いを受けることが増え、“本当はそんな人間じゃないのに”とよくこぼしていました。そして、本来の自分とかけ離れた人物像が出来上がっていくことに耐えられなくて、あの日、舞台上で爆発してしまったんです。エリカはガラスのようにもろい心の持ち主。だからこそ、人につけ込まれてしまうことが何度もありました」(前出・親友)

 彼女の弱さを悪用した“黒幕”がいるとしたら、沢尻と同罪だろう。

※女性セブン2019年12月19日号

関連記事(外部サイト)