高田文夫氏、アンタ復活に結婚ラッシュで衝撃だらけの1週間

高田文夫氏、アンタ復活に結婚ラッシュで衝撃だらけの1週間

衝撃的なニュースが多い1週間だった

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、11月22日「いい夫婦の日」に始まった結婚ラッシュとアンタッチャブルの復活など、衝撃に次ぐ衝撃だらけの一週間についてお届けする。

 * * *
 それは突然の衝撃。11月29日、夜も更けて自分の部屋でボンヤリビール片手にテレビを見ていた。時々大爆笑をくれる有田の「全力!脱力タイムズ」、昔からお気に入りのアンタッチャブルの柴田の気のまわりすぎるつっ込みを見ていた。番組終盤、有田が「それでは10年ぶりにアンタッチャブルの漫才です!」。なんとザキヤマ(山崎)が出てきていきなりあのテンポのいい漫才が始まったのだ。

 まさかアンタの漫才がテレビで見られるとは。長生きはしてみるもんだ。この10年決してまじわらなかった二人が掛け合いを始めた。その後の情報では「THE MANZAI」にも出るとか。性質の悪い実力派が復活、若手も第七世代もおちおちしていられなくなった。いい事だ。

 仲の悪い二人にヨリが戻ったかと思えばなんだこの結婚入籍ラッシュは? 令和元年で11月22日(いい夫婦の日)で大安だって? だったら11月4日は「いい死」の日か。山口百恵も歌ってた。“いい死、旅立ち〜ッ”。それを言うなら「いい日」だ。「ヒ」が「シ」になるとは江戸っ子だな?

 オードリー若林は「オールナイトニッポン」の生放送でいきなり話し出す始末だけど、相方・春日はまったく知らなかったのが面白い。結局オードリーは二人共今年結婚したことになる。

 次の日テレビの「イッテQ!」では生でイモトアヤコが結婚発表。相手は10年以上一緒にロケをしてきたディレクター。誰が言ったか「珍獣ハンター」。

 なんと壇蜜は「赤羽」の「人妻」となった。旦那は人気漫画『東京都北区赤羽』の清野とおる。これがテレビドラマ化された時、面白くて深夜毎週見ていた。赤羽の仲良し夫婦といえば林家ペー・パー子ということになる。セクシー系ではたしか橋本マナミも発表したでしょ。そんな中、目立たぬようにますだおかだの岡田が再婚。サンコンじゃなくてサイコンだよ。ひとりの時間も長くて「閉店ガラガラ」ならぬ「戸籍もガラガラ」だったらしい。

 そんな騒ぎをよそにさすが笑いが分かっているデブタレント、元子役、カンの良さは師匠さんまゆずりの内山クン。「みんながいい夫婦の日に入籍するので目立たないと思い、私11月29日“いい肉の日”に入籍しました」だとさ。おみごと。

 てな訳でアンタの衝撃の復活の次に衝撃だった私の本2冊連続発売。『面白い人のことばっかり!』『画文集 芸人とコメディアンと』よろしく。

■イラスト/佐野文二郎

※週刊ポスト2019年12月20・27日号

関連記事(外部サイト)