米津玄師、あいみょん、スピッツ 「紅白出場辞退」の真相

『NHK紅白歌合戦』米津玄師、あいみょん、スピッツが出場辞退の噂 菅田将暉は初出場

記事まとめ

  • 『NHK紅白歌合戦』は43組の出場が発表されたがNHKは大物と交渉を続けているといわれる
  • 米津玄師、あいみょん、スピッツが“出場を辞退した”という情報も出ているそう
  • 紅白初出場の菅田将暉の『まちがいさがし』とFoorinの『パプリカ』は米津が作詞作曲

米津玄師、あいみょん、スピッツ 「紅白出場辞退」の真相

米津玄師、あいみょん、スピッツ 「紅白出場辞退」の真相

あいみょんも2年連続出場は実現せずか

 今年で70回目の節目を迎えるNHK紅白歌合戦。既に43組の出場歌手が発表されているが、「令和初」となるだけに、NHKは大物歌手との交渉を続けているといわれている。しかし、ある関係者はこう漏らす。

「出場が確実視されていた米津玄師さん(28才)、あいみょんさん(24才)、スピッツら、目玉アーティストがリストに入っていないことに驚きました。この3組が“出場を辞退した”という情報も出ています」

 米津は2018年の紅白に初出場。地元・徳島県の大塚国際美術館から生中継で大ヒット曲『Lemon』を熱唱したことが大きな話題を呼んだ。

「米津さんサイドは“出ない”と明確に伝えたそうです。紅白初出場となる菅田将暉さん(26才)の『まちがいさがし』とFoorinの『パプリカ』は、どちらも米津さんが作詞作曲した曲。“米津銘柄”が多い紅白に、本人が出ないのはNHKとしては消化不良でしょう」(音楽関係者)

 2019年度の「ビルボード2019年間トップアーティスト」で米津を抑えて総合1位になった、あいみょんも2年連続の出場はなさそう。さらにNHKの朝ドラ『なつぞら』の主題歌を歌ったスピッツは、初出場が既定路線といわれていたが、こちらも現状では名前がない。

「彼らには早い段階でオファーがあったといわれています。現状でリスト外ということは断った可能性が高い。出場を辞退するアーティストの多くは、紅白の“拘束時間の長さ”を理由にあげるとか。リハーサルを重ね、本番での司会者との質疑応答も一字一句決まっていて、せりふを覚えないといけない。年末年始の多忙の中、紅白に多くの時間を割く必要に迫られるのです」(別の音楽関係者)

 以前に比べて、紅白出場を魅力的に感じなくなったのも理由の1つかもしれない。

「若い世代でテレビ離れが進んでいることもあり、出場にさほど魅力を感じないアーティストも増えているのは事実です」(芸能関係者)

 出場辞退情報のある3組に取材すると、米津の事務所は「お伝えできることはありません」と言うのみ。

 スピッツの所属レーベルは「オファーがあったかどうかも含め、お答えすることはできません」と答えた。

 あいみょんの事務所は、期日までに回答がなかった。

 12月5日の定例会見で、NHKは出場者について「ギリギリまで精一杯やらせていただきます」と繰り返したが、サプライズは起こるのか――。

※女性セブン2020年1月1日号

関連記事(外部サイト)