パンサー尾形妻やキンタロー。夫他、配偶者ブログ人気の背景

パンサー尾形妻やキンタロー。夫他、配偶者ブログ人気の背景

配偶者のブログ、なぜ人気?(写真はキンタロー。の夫のブログより)

 尾形あい、川島菜月、中川和代、しゃん、佐藤友美、武東由美、佐々木かい、江原千鶴──。彼女達の名前を聞いてピンと来る方はどれだけいるだろうか。実はいずれも大人気のブロガーなのだ。その共通点は「芸人の妻」ということにある。

 その夫の名を上げると順に「パンサー・尾形貴弘」「はんにゃ・川島章良」「ウーマンラッシュアワー・中川パラダイス」「トレンディエンジェル・斎藤司」「デンジャラス・ノッチ」「モト冬樹」「くじら」「エハラマサヒロ」となる。

 最近「著名人の配偶者ブログ」が人気となっている。上記はいずれも「男芸人の妻」だが、 他にも「あきら。」(整体師で小林麻耶の夫)、「キンタロー。旦那」(テレビ制作会社勤務でキンタロー。の夫)、「小崎陽一」(イタリア料理研究家で保田圭の夫)、「いわみん(岩見透=芸人)」(漫画家・タレントの浜田ブリトニーの夫)」など、著名女性の夫ブログも人気だ。

 この「人気」の基準としては、これらの人々がブログを執筆しているアメブロのカテゴリー別ランキングの高さに見ることができる。12月12日時点で尾形あいは「新米ママ部門」で2位、川島菜月は「妊婦・プレママ部門」ではキンタロー。に次いで2位。佐々木かいは「女性タレント(80年代生まれ)」部門1位だ。「キンタロー。旦那」は「男性タレント部門」では、アレクサンダー(元AKB48で実業家・川崎希の夫で現職はモデル)、坂上忍に次ぐ3位で2019年10月の「Best Rookie Award」を受賞した。

 さらに、モデルとしても活動する武東由美は「ママモデル」部門で神田うの、田丸麻紀、SHIHOを押しのけて1位に君臨している。多くの芸能人がブログを執筆するアメブロで上位にランクインするということは相当なアクセス数があることが想像できるが、この人気をテコとし、小林麻耶の夫・あきら。は当初は「國光吟オフィシャルブログ」としてブログを開始したものの、芸能界デビューに至った。

 こうした人々は自分自身のことを書きつつも、配偶者の裏側や秘話を書き続ける。はんにゃ・川島の妻・川島菜月は川島のことを「あきぷー」と呼び、その出会いのきっかけを記したり、タレントの三瓶が自宅にしばしばいる様子の動画なども公開する。キンタロー。旦那は、出産直前のキンタロー。の体調を案じつつも、彼女の「変顔」を公開するなど、夫妻の赤裸々な日常が綴られる。

 なぜ今、配偶者ブログが人気なのか。アメブロの広報担当はこう語る。

「夫や妻という、もっとも身近な視点による裏話が聞けて楽しいといったユーザーの皆様からの声が多いです。また、キンタロー。の旦那さんのような、第3者目線でご本人の言動を綴ることで、そのキャラクターや持ち味がより際立って魅力を引き出している方も多いですね」

 テレビ等、公の場で見せる姿というものは、本人のパブリックイメージもあるし自分から進んで見せる姿ではないことも多い。こうした「著名人」としての姿ではなく「私人」としての姿を配偶者が記すことにより、身近な存在と感じられるのだろう。配偶者のブログについては、お互いバナーを貼り合ったり、保田圭に見られるように、ブログ記事の末尾に「主人のブログも 宜しければご覧ください」と小崎氏のブログへのリンクを貼る例も見られる。

 著名人の配偶者にとっては当人の知名度により自身への注目度が集まるという利点はあるが、当人にはどんなメリットがあるのか。前出の担当者はこう語る。

「ご家族の『愛ある第3者目線』によってよりご本人が好きになった、ファンになった、という声がブログの読者から寄せられております。また、ご本人もブログをされている場合は、同じ出来事をそれぞれ書いたり、おたがいに“リブログ”(リツイートのようなもの)したりなどブログを通して夫婦の関係性が垣間見えることで、同じ既婚の読者から共感や応援の声が寄せられる例もあります」

 思えば、野村克也氏の妻で「サッチー」こと野村沙知代さんや、狂言師・和泉元彌の母の「セッチー」こと節子さんがその強烈なキャラクターによりテレビで人気になったように、今はブログでその家族や配偶者が人気になる時代になったのだろう。

関連記事(外部サイト)