生島ヒロシがトーク塾を始める背景 「長年の夢だった」

生島ヒロシがトーク塾を始める背景 「長年の夢だった」

トーク塾にかける意気込みとは

 フリーアナウンサーの生島ヒロシが来年1月11日に「生島トーク塾」を開講することを発表した。生島本人に加え、TBSアナウンススクールを立ち上げた宮澤隆アナ、元フジテレビの寺田理恵子アナ、元NHKの内藤裕子アナ、日本司会芸能協会副会長の牧野尚之氏、そしてタレントのせんだみつおといった面々が第1回の講師を務めるという。単なるアナウンス術だけでなく、司会進行のテクニックや人との接し方、ビジネスなどで使えるプレゼン方法など、「トーク」にまつわる講義を行う。

 なぜ、トーク塾を始めるのか。生島本人に聞くと、「長年の夢だった」と語った。

「僕はアナウンサーを生業として40年以上、トークの仕事をしています。でももともとはすぐアガってしまうほうで、人前に出るのは大の苦手でした。そんな僕がこの仕事を続けられたのは、喋る力をつけたからです。

 ちょうど自分の事務所を立ち上げて30年という区切りを迎えたこともあり、これまでは自分や事務所のための仕事をしてきましたが、これからは様々な方に僕の持つ喋る力を受け継いでもらえたらいいなあと思っていました。喋ることが苦手な人の気持ちが分かるからこそ、ぜひこうした塾をやりたいとずっと思っていたのです」

 生島がTBSの入社試験を受けた年は4人がアナウンサーに採用されたが、他の3人は学生時代からアナウンス学校に通っていた。それが最初は悩みの種だったという。

「僕は“キャラクター枠”で合格したようなもので、アナウンス技術の基礎がありませんでした。だから、最初の研修やOJTでは本当に苦労した。自分はアナウンサーに向いていないのでは、と何度も悩んだものです。それでもどうにか努力して、多くの方に助けていただき、トークを仕事として続けられた。そのお返しをしたい。それが今回のトーク塾なんです」

 募集するのはアナウンサー志望者だけでなく、ビジネスマンや学生も対象だという。

「アメリカではエグゼクティブ教育が盛んで、2兆円規模のビジネスになっています。が、日本ではほとんどありません。経営とトークは、密接に関係しています。アップルのスティーブ・ジョブズやマイクロソフトのビル・ゲイツのプレゼンなんて最高でしょう。そうしたスキルを身に着けていただくためのお役に立ちたいと思っています」

 実際に、トーク塾にはビジネスマンの応募者も多くいるという。

 生島は、「僕は予定調和が嫌いなので、トークにまつわる様々な切り口で、幅広いジャンルの方を講師にお願いして、トーク塾を展開していこうと思っています」と語った。

【プロフィール】いくしま・ひろし/1950年12月24日生まれ。宮城県気仙沼市出身。1976年TBSに入社し、アナウンサーとして活躍。1989年に独立。現在、TBSラジオ系『生島ヒロシのおはよう定食・おはよう一直線』などに出演。トーク塾の詳細はhttps://www.ikushimakikaku.co.jp/talk-event-vol1/を参照。

関連記事(外部サイト)