千原せいじがモテる理由 そのYouTubeに男の生き様を見た

千原せいじがモテる理由 そのYouTubeに男の生き様を見た

記事画像

 テレビやメディアの報道だけでは、有名人の本当のパーソナリティはわからない。当たり前のことだが、よく見かける姿に惑わされがちだ。お笑いコンビ千原兄弟の兄、千原せいじに対する大雑把なイメージは「さえないおっさん」ではなかろうか。ところが、実際にはかなり女性にモテているらしい。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、YouTuber千原せいじのトーク力から、本当にモテる男のあり方について考えた。

 * * *
 キングコングの梶原雄太が「カジサック」名義でYouTuberとなり大成功を掴んだ。以降、「二匹目のドウジョウ」を狙う吉本芸人が続々とYouTuber化している。数ヶ月前まで芸人とYouTuberには明確な差があり、前者が後者に勝る存在だと認識していた人は多いと思う。しかし、二足の草鞋を履く芸人が増加した現在、その差は曖昧になる一方だ。

 芸人YouTuberは、特技を披露したり、テレビに似た企画を行ったり、と様々な趣向を凝らした動画を配信している。その中でも異彩を放つのが千原兄弟の兄・千原せいじがメインを務めるチャンネル『きいたんやけどおじさん』。「井戸端会議バラエティー」と称したチャンネルでは毎回「きいたんやけど……」を枕詞に千原せいじが各所から仕入れた話を披露していく。端的に表すと「陰謀論めいた話で盛り上がろう」といった趣旨の動画である。

 11月21日に配信がスタートし、12月10日までに6本の動画が公開されている『きいたんやけどおじさん』。その全てを鑑賞したが、特に記すべき点はない。ただ、動画を観ているうちに、千原せいじがなぜモテるのか……が図らずも見えてきた。動画には、わずか半年で2度も不倫騒動が表沙汰になった芸人の生き様が刻印されていた。

 まず、最初に観えてきたのが千原せいじのコミュニケーションセンスの高さである。
 コミュニケーションにおいて対等であることは難しい。長年付き合っている知人ですら上下は存在し、会話のベースはイジる役とイジられ役で成り立っていることが多い。また、シチュエーションやシーンによって役柄が変化することも……。たとえば、地元ではイジり役だが、社会ではイジられ役になっている人もいるだろう。

 芸人の世界ではこういった交代劇が公私に渡り、繰り広げられている。テレビで千原せいじを観た場合、弟・千原ジュニアから「残念な兄」と紹介され、イジられる役となる。しかし『きいたんやけどおじさん』では、聞き手となる後輩3人を相手に饒舌な語り口を披露する。つまり、YouTuber千原せいじはイジる役である。

「イジる」と「イジられる」の関係は、群れの中でのマウンティングに似ている。あるグループのなかでボスになるか、部下になるかはモテを決定づけるうえで重要なポイントだ。高崎山のボスザルをめぐる攻防を思い起こすまでもなく、一般的にはボスのほうがモテるわけだ。千原せいじ含めた全ての芸人がモテを目指し、イジり役の時間を増やそうとするのは必然の現象である。

 多くの女性は「優しい人が好き」と言う。しかし、相手の立場を思いやって強いことを言えない優しい人はイジられ役に回ることが多い。つまり、優しい人はどうもモテの土俵でウケが悪い。そういえば『「いい人」ほど収入が少なくなる』といった嫌な研究結果もあったなぁ……。

「がさつ」なイメージが強い千原せいじだが、動画を観ている限り、雑味以上に人間的な凄みを感じることが多かった。大人になると社会に対してどこか諦めた見方を身につけ、何事に対しても一線を引くものである。しかし、千原せいじは子供のように素直な感情をストレートに体現する。

 その素直さをみると、各所から「陰謀論めいた話」が舞い込んでくることも理解できる。情報を提供すれば嘘がない笑顔で喜ぶだろう。ネタ元としては眉唾でも面白い話を話したくなる、といった気持ちにもなる。

 千原せいじほど表情を変えて話す大人もいない。話している内容に合わせた「喜怒哀楽」が顔に浮き出る。それも秒単位で感情が巡っていくので、顔面の変化が激しい。そこに幼児性が垣間見えた。「がさつ」な言動の合間にのぞく無邪気さも、モテへと繋がっているのかもしれない。

 そもそも、「フェイクニュース」が問題となっている昨今、こういった形態のチャンネルを始めること自体が無邪気である。千原せいじは「聞いた話やで」と言いつつも断定口調で自信満々に話してく。周りを気にしないタフな人なのだろう。今時の繊細な男には持ち得ない、豪快さがある。竹を割ったような性格に惹かれる女性がいてもおかしくはない。

 そして、2度の不倫騒動を起こしておきながら、怒られはするものの周囲から許される理由も上記の事柄に由来する。千原せいじは「好感度」や「共感」を視聴者に売っていない。そういった意味で希少価値の高い芸人である。芸人はアウトサイダーとして世の中に登場するが、売れていく過程で自らのキャラクター性を薄めていく。一般人に似た感覚を持つことをアピールしていく。そして、最終的には大衆の善意に寄り添うことで長期安定の人気をつかもうと図る。ゆえに穏やかなイメージだけが浸透したとき、印象を裏切る行為が露見すると、好感をもってくれていた人たちから大きな反感を持たれる。

 対して千原せいじは異質な存在として紹介され続けてきた芸人だ。視聴者は「共感」することもないので、何をやられても裏切りを感じるわけがない。「好感度」を逆算した美辞麗句なコメントを操り、安易に人気を集める芸人もいる中で、そういった手口に頼ってこなかった強みがここにきて表出している。 最近の視聴者は、芸人を含めたタレントに「いい人」「悪い人」とジャッジを下すことを好む。前者と思われる方が得、タレントは自らを「いい人」として演出する。僕はこの一連の流れがテレビをつまらなくさせたと思う。直接、危害を加えてくるわけでもないタレントに良心を求めるのはナンセンスだ。勝手に「いい人」だと思い込み、裏切られたから怒る視聴者もおかしい(安易に「いい人」をやるタレントも確かに罪深いが)。

 普通に生きていればわかるが、シーンによって「いい人」は「悪い人」にも変わる。逆もまた然り、タレントを「いい人」か「悪い人」で測ることがそもそもの間違いだ。

 千原せいじは不倫騒動を週刊誌の記者に直撃された際、「俺はやっぱり、女にモテるために芸能界に入ったみたいなところもある」と語った。

 ある程度の地位を掴んだ芸人は自らが品性を持っていることを演出しがちだ。不倫をした際のコメントが白黒はっきりしないこともある。対して、千原せいじはコレ。芸人になった瞬間から今まで、ポリシーが一切ブレていないとわかる。身の丈以上に自身を演出しない潔さは、男の僕でも惹かれるものがある。

 千原せいじはどんなシチュエーションでも変わらない稀有な人である。舞台がテレビからYouTubeになっても、直撃取材されても同じ。一連の不倫騒動とYouTuberとなった千原せいじを観て、首尾一貫した生き様を再確認した。タレントでありながら、これだけ強気に「いい人」を放棄できたのならモテるに決まっている。

●ヨシムラヒロム/1986年生まれ、東京出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使。五反田のコワーキングスペースpaoで月一回開かれるイベント「微学校」の校長としても活動中。著書に『美大生図鑑』(飛鳥新社)

関連記事(外部サイト)