『G線上のあなたと私』が示唆した「サードプレイス」の重要性

『G線上のあなたと私』が示唆した「サードプレイス」の重要性

好評のうちに大団円

 人生は重層的にできている。家庭も職場も大切だが、日々の生活が潤うためにはそれだけでは十分ではないのもまた事実。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 ありそうで無かった、新しい空気が流れていた。人間関係に爽やかな風が吹いたように感じた。12月17日に最終回を迎えたドラマ『G線上のあなたと私』(TBS系)は、ありふれた日常の中の「新しい透明な時空間」を見せてくれたドラマだったのではないでしょうか。

 主な登場人物は専業主婦の幸恵(松下由樹)、婚約破棄されたアラサーの也映子(波瑠)、男子大学生の理人(中川大志)。主婦・幸恵は、姑と同居し家事に介護にと気の緩む時間もない。夫も浮気し自分を裏切る。一方、失業中の也哉子も進む先が見えず不安にさらされている。そして片思いの恋に破れた不器用な理人。面識の無いその三人が、「バイオリンのお稽古場」で出会い、練習を通してほんわりとした柔らかな関係を作っていく。

 自分を縛るものから距離をとる場──それがこのドラマでは「バイオリンのお稽古場」として設定されていました。見ていて思い浮かんだのが「サードプレイス」という言葉です。アメリカの社会学者レイ・オルデンバーグが提唱した「サードプレイス」とは、自宅とも職場とも隔離された中間的な空間のこと。

 その「サードプレイス」の特徴とは、まず参加者の肩書きが必要ないこと。まっさらな状態で人と人とが出会う場所。それだけでなく、人を「もてなすこと」も要求されない。配慮は必要であっても、ヨイショはいらない。サードプレイスでの会話は協調的で、遊び場的な要素もある。そうした中立的な空間が現代を生き抜いていく人には必要だということを、社会学者オルデンバーグは提唱したのでした。

 そう、常に利害関や競争にさらされているのは誰だってキツイ。職場がツライからと言って、すぐに家に帰るのもまた別の意味でキツイ。あるいは、主婦が家庭以外に居場所が無いというのもツライ。ふと立ち寄れる「サードプレイス」が、いかにかけがえの無い場所なのか。ドラマで描かれたバイオリンのお稽古場は「人を浄化する第三の場」でもあったのでしょう。

 也映子は8歳年下の理人との間に恋愛感情が生まれてきても、尻込みしてしまう。サードプレイスのゆるい人間関係、その居心地の良さを失うのが怖かったから。「恋愛」とは密度の濃すぎる関係であり、傷つけあうリスクもあるから。しかし、すかさず幸恵が言う。

「本当に大事な人とはゆるくて優しい世界のその先に行かなきゃ、深くはつながれないんじゃないかな」

 傷つきたくない也映子の「逃げ」に対して、理人も立ち向かっていく。「あなたのためなら何とかするから、全部」と也映子を抱きしめ“エレベーターキス”するシーンは大反響を呼び、中川大志さんの透明感に視聴者の胸はキュンとなりました。最終回は恋愛成就のカタルシスに満ちていました。

 でも、それ以上に印象深かったのは、このセリフではないでしょうか。

「私たちが二度と会わなくなっても、それはそれでいいのよ」と言う幸恵の言葉です。

「20年後も50年後も、也映子ちゃんと理人くんとはきっとまた笑って話せる気がする。そんな風に思える関係ができたってだけで、もう十分じゃない?」

 まさしく、精神のサードプレイスを手に入れた人の言葉でした。

 定型の恋愛ドラマとはひと味違ったのはなぜか。恋の成就へとぐいぐい進む展開とはちょっと異なる印象を残したのは、このセリフが象徴しているように、2人の恋愛と等しいほどに「幸恵のドラマ」でもあったからではないでしょうか。

『G線上のあなたと私』に「癒された」「ほっとした」「ロスになってしまう」という感想がたくさん聞かれたのは、「バイオリンのお稽古場」に疑似参加し、浄化された視聴者がいかに多かったか、という証なのかもしれません。でも、ドラマは終わりました。次は自分のサードプレイスを見つけること。そこから一歩が始まる、とこのドラマは示唆しているよう感じます。

関連記事(外部サイト)