ヘアヌード論争の時代 良識を盾に批判する大新聞に反論も

ヘアヌード論争の時代 良識を盾に批判する大新聞に反論も

左から元木昌彦氏、鈴木紀夫氏、石川次郎氏

 戦後の出版文化の賑わいの中にはヌードがあった。昭和の女優ヌードや平成で開花したヘアヌード──時代ごとのヌードを第一線で見てきた石川次郎、鈴木紀夫、元木昌彦の3氏が、日本のヌード写真集、グラビアをどう見てきたのかを語り合った。平成初期を席巻したヘアヌードバブルはなぜ終わったのか?

石川:僕は1994年からテレビ朝日の『トゥナイト2』の司会をやりましたが、当初は「番組で紹介してくれ」とヘアヌード写真集の売り込みが激しくて、スタッフルームには写真集が山と積まれていましたよ。本人が登場するなら、という条件を付けてときどき紹介していました。

鈴木:1994年がヘアヌード写真集のピークで、年間200冊も出たそうですね。その前後に私が手掛けたのは、飯島愛『SHAKIN’』、西川峰子『艶華』などですが、西川峰子以外にも島田陽子『Kir Royal』など、熟女モノも話題になりましたね。

 ちなみに、手前味噌になりますが、「熟女」は私が1981年に考えた造語です。ブームの頃は「毛(ヘア)の商人」と言われる有名なコーディネーターもいましたね。女優やタレントを脱ぐように口説いて、出版社に話を持ってくるというね。

石川:加納典明さんが、1995年に作品がわいせつ物にあたるとして逮捕までされたのもブームの頃でしたね。

元木:ところが、好事魔多しと言うのか、ブームになると、朝日新聞を始めとする大新聞が「良識」を楯にヘアヌード批判をやり始めた。朝日はしょっちゅう私のところに取材に来て「なんであんなものを」と批判しましたね。大新聞が性表現の自由のために戦ってきたことなんか一度もないじゃないか、と反論してやりましたよ。でも、いろんな大物が脱いじゃったし、出版点数としても飽和状態になったしで、次第にブームが終息に向かっていった。

鈴木:1997年に出た菅野美穂『NUDITY』が80万部、1998年に出た葉月里緒菜『RIONA』が40万部売れたそうですが、1990年代半ばまでに比べると、やはり勢いは衰えていきましたね。

石川:『トゥナイト2』でもだんだん取り上げなくなりました。

元木:その後インパクトがあったのは、50歳になった松坂慶子の『さくら伝説』(2002年)ですかね。映画で脱いだことはあっても、写真集で脱ぐのは初めてだったし、ヘアヌードあり、緊縛ヌードありで、原作・監修が作家のなかにし礼さんという話題性もありました。

石川:最近は何かあるんですか。

元木:私が何年も前から評価しているカメラマンが、西田幸樹さんです。週刊ポストで「なをん。」というシリーズを撮っている人で、どこの誰だかわからない女性をモデルにしている。有名女優や人気タレントをモデルにするのとは違うやり方ですけれど、綺麗で、しかもいやらしく撮れる珍しいカメラマンなんです。なかでも私が気に入っているのがYURIというモデルで、2013年に出た『YURI 愛のアルバム』がとてもいい出来です。

石川:スマホの中で何でも見られる今の時代、ヌードが既成のカルチャーに対するカウンターになることはあり得ないでしょう。でも、女性の裸が永遠に美しいことは変わりません。

鈴木:今、私がもし現役の編集者で、写真集の担当だったら、作ってみたいヌード写真集が1冊ありますよ。吉永小百合です。

元木:吉永小百合のヘアヌードだったら、何歳になってからのものでもいい。ぜひ私も買いますよ、冥土の土産に(笑い)。

【プロフィール】
◆いしかわ・じろう/1941年生まれ。1966年平凡出版(現マガジンハウス)入社。POPEYE、BRUTUS、Tarzan、GULLIVER、平凡パンチ各誌編集長を歴任。1993年に退職し編集プロダクション「JI inc.」を設立。1994〜2002年、テレビ朝日系『トゥナイト2』の司会を務めた。

◆すずき・のりお/1940年生まれ。1962年光文社入社。女性自身を経て、週刊宝石、FLASH創刊に携わり、1988年からFLASH編集長、1996年から週刊宝石編集長。女性自身の発行人も務めた。2004年に光文社常務を退任。

◆もとき・まさひこ/1945年生まれ。1970年講談社入社。1990年からFRIDAY編集長、1992年から週刊現代編集長、1999年からWeb現代編集長。2006年退職し、その後オーマイニュース日本版編集長&社長を務めた。

●取材・構成/鈴木洋史 撮影/榎本壯三

※週刊ポスト2019年12月20・27日号

関連記事(外部サイト)