田中みな実 写真集購買層8割が女性、同世代のあこがれに

田中みな実の写真集にうれしい誤算か 新木優子、桐谷美玲に売り上げで圧勝

記事まとめ

  • 田中みな実、新木優子、桐谷美玲の写真集が発売、都内の書店で“お渡し会”が開かれた
  • みな実の写真集は発売前に重版、購買層は圧倒的に女性で、これは嬉しい誤算だという
  • みな実は今やアラサー女性の“あこがれ”で、快進撃は2020年も続きそうとも

田中みな実 写真集購買層8割が女性、同世代のあこがれに

田中みな実 写真集購買層8割が女性、同世代のあこがれに

田中みな実は握手会の途中で涙した

 2019年12月14、15日の週末は、今最も旬な女性3人の写真集が発売され、都内の書店ではファンを集めての“お渡し会”が開かれていた。

 東京・渋谷では新木優子(26才)が、イタリアで撮影した写真集『honey』(SDP)の発売記念イベントを開催していた。

「初版は3万部での好調なスタート、購買層は男女半々です」(出版関係者)

 東京・日比谷で自身の誕生日を記念したフォト&スタイルブック『zukan』(集英社)の発売記念イベントを開いたのは桐谷美玲(30才)だ。

「もともと握手会の募集人数は700人の予定だったのですが、予想以上に集まり、1000人に。男女比は3対7で女性が多かったですね。女性ファッション誌の表紙を務めている桐谷さんへの憧れがあるのでしょう」(別の出版関係者)

 この2人のインスタグラムのフォロワー数は、新木が340万人で桐谷が320万人。それに比べると田中みな実(33才)の140万人は少々物足りないが、写真集では売り上げ、“お渡し会”のファンの人数ともに圧勝だった。

「セクシーショット満載の田中さんの写真集、『Sincerely yours...』(宝島社)は、発売前に重版し、なんと22万部でのスタートです。渋谷でのお渡し会も1500人の予定が3000人に。前日には大阪で4000人を集めているので、記録的な数字です」(前出・別の出版関係者)

 購買層は2対8で圧倒的に女性だという。

「それも、田中さんと同世代の30代女性がほとんどです。撮影は夏に行ったらしいのですが、その時は写真集を買うファンを男性と想定し、露出を多めにしたと聞いています。それが、出版までの間に女性人気が急上昇。これはうれしい誤算です」(前出・別の出版関係者)

 田中といえば、以前までは「あざといぶりっこキャラ」ばかりが目立っていたが、今はアラサー女性の“あこがれ”なのだという。マーケティングライターの牛窪恵さんは、こう分析する。

「田中さんがすごいのは、すべてにおいて共感されるところです。美容についても、かつての藤原紀香さんのように、これだけやってスゴイでしょう? と胸を張るのではなく、『私、美容をこんなに探究してしまうんです』という自虐とオタク的な気質が垣間見えます。

 恋愛の失敗談も赤裸々に話すのが“みな実流”。恋愛や人間関係に自信満々ではない姿を見ると、周りも自分だけじゃないんだ、華やかな世界の人でも同じなんだと安心できて、うれしくもなりますよね」

 偽らない自分を手に入れた彼女の快進撃は2020年も続きそうだ。

※女性セブン2020年1月2・9日号

関連記事(外部サイト)