二宮和也結婚で大フィーバーした「どら焼き店」のその後

二宮和也結婚で大フィーバーした「どら焼き店」のその後

今後も結婚は続くか(写真はジャニーズ事務所)

 2020年末での活動休止を前に、紅白歌合戦に年越しライブ、新春特番と大忙しのアイドルグループ・嵐。とりわけメンバーの二宮和也(36)が、11月12日に結婚を発表したことの影響は大きかった。

「申し訳ないんですが、二宮さん関係の取材はすべてお断わりしているんです。どうかそっとしておいていただきたい……」

 困惑しながらそう話すのは、都内の老舗和菓子店の店頭に立つ店員だ。

 結婚発表時に二宮が報道各社、関係者に同店の「どら焼き」を贈ったことがテレビやスポーツ紙で取り上げられると、その直後には買い求めるファンが開店前から行列をなしている様子も報じられるなど話題になった。

 思わぬ“特需”に沸いたわけだが、なぜ「取材お断わり」になってしまったのか。結婚発表以来、同店では開店から1時間もしないうちにどら焼きが売り切れる事態が続いている。

「ご好評いただけるのは嬉しいのですが、手作りで大量生産できないため、昔からのお客様に迷惑がかかってしまう。通販もやっていないのでご来店いただくしかないのに、それで品切れになっているのが申し訳なくて……今は店の名前が出る取材はご遠慮いただいております」(同前)

 カーリング女子日本代表やプロゴルファー・渋野日向子など、著名人ゆかりのお菓子の人気が爆発し、製造元が量産体制に入る例は少なくないが、老舗の味ゆえに簡単に増産できない事情があったようだ。

 思わぬところに“嵐”が巻き起こっていた。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

関連記事(外部サイト)