「M-1」3位でブレイク必至 「ぺこぱ」のコンビ名の秘密

「M-1」3位でブレイク必至 「ぺこぱ」のコンビ名の秘密

サンミュージック公式サイトより

 漫才日本一を決める『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)が幕を閉じた。昨年優勝した霜降り明星のこの1年間の活躍を見るまでもなく、一夜にして人生が変わる同大会は芸人にとってまさに夢の舞台。今年もミルクボーイという世間的には無名だった遅咲きのコンビが、令和のシンデレラストーリーを勝ち取った。

 知名度が一気に全国区になるのはなにも優勝者だけではない。これまでもメイプル超合金やトム・ブラウンなど、チャンピオンには手は届かずともM-1で強烈な印象を残しブレイクにつなげたコンビは多数存在する。そして今年も、惜しくも優勝こそならなかったが確かな爪痕を残したコンビがいた。それが松陰寺太勇とシュウペイによる2人組「ぺこぱ」だ。

 ぺこぱにとって2019年は、激動の1年だった。元日放送の『ぐるナイおもしろ荘』(日本テレビ系)で優勝し、飛躍の1年になるかと思いきや、話題をさらったのは同じ番組に出演した夢屋まさるの「パンケーキ食べたい」というネタ。とはいえ徐々に露出は増えていったのだが、そんな矢先の5月、なんと所属していた大手事務所「オスカープロモーション」がお笑い部門を閉鎖することになってしまう。

 ぺこぱは他の所属芸人30組と一緒に突然“フリー”になるという憂き目にあうが、ネット番組であるAbemaTVの『チャンスの時間』で再就職をかけた“お笑いトライアウト”に参加したり、同じくAbemaTVの『土曜The NIGHT』に“事務所を契約解除になってしまった芸人”として登場すると、番組MCのカンニング竹山の勧めもあって6月にサンミュージックプロダクションへの所属が決まった。

 事務所移籍を機に心機一転、改めてライブに打ち込んだぺこぱは見事初となるM-1の決勝進出を果たす。彼らの漫才スタイルは、ツッコミの松陰寺太勇の“ツッコみそうでツッコまない”形が特徴で、審査員の松本人志をして「“ノリツッコまない”という新しいものを見た」と言わしめるなど高評価を得て上位3組にまで残った。しかし最終決戦では、神がかったような漫才で圧倒的な笑いを取っていたミルクボーイに敗れ、ぺこぱの劇的な1年が終わった。

 初出場で3位、審査員の心も掴んだ。ネット上にも「誰も叩かない、怒らない、否定しないツッコミスタイルが好き」という声があふれ、一気にファンを増やしている。それでも松陰寺太勇は、『M-1グランプリ』直後に配信されたGYAOのネット番組『世界最速大反省会』で、「2本目のネタでローラーシューズを履く勇気がなかったのがダメだった」と反省を口にしている。

 キャラ芸人になるしかなかったという松陰寺は今でもビジュアル系のメイクにキザな芸風と充分濃いキャラクターだが、少し前まではスーツではなく着物を着て、さらにローラーシューズで舞台に現れるというインパクト大のネタも持っていた。M-1当日もローラーシューズは用意しており、「あのミルクボーイさんに勝つにはローラーシューズで出てくるしかなかったんじゃないかなと思うんですけど、いろんな大人が見ているだろうなと思ったら最後履く勇気がなかった」そうだ。

 ローラーシューズさえ履いていたらミルクボーイにも勝っていた……かどうかはわからないが、M-1の最終決戦というステージで、シュウペイの制止も聞かず奔放にローラーシューズで行ったり来たりする松陰寺も見てみたかった気もする。

 そんなぺこぱの躍進を「めっちゃ嬉しいです!」と喜んでいるのが、女優やタレントとしても活躍するDDTプロレスリング所属の女子プロレスラー赤井沙希(父は元プロボクサーの赤井英和)だ。現在はプラチナムプロダクションに所属する赤井だが、実は前所属事務所がオスカープロモーション。なんと赤井は、ぺこぱというコンビ名の名付け親でもあった。

 当時「先輩×後輩」というコンビ名で活動していたシュウペイと松陰寺は、コンビ名を改名したいと考えていた。そんなとき、事務所の先輩でもある赤井が飲みの場で「私が決めてあげる」と言い出したそうだ。赤井に話を聞いた。

「前のコンビ名から改名したいという時にお話ししていて、その時私が韓国語にハマっていて、いつまでもハングリー精神をという意味と、一度聞いたら印象に残る単語だったので、可愛くひらがなで『ぺこぱ』という名前を提案しました!」(赤井)

「ぺこぱ」とは韓国語で「お腹が空いた」という意味だという。赤井が続ける。

「前の事務所でも、苦労している姿や沢山のピンチを経験している姿を見ているので、決勝で堂々と漫才してお2人はとても光っていてすごく美しかったです! 本当におめでとうございます!!」

 さらに「自分も勇気を貰えました」とM-1での活躍を喜んだ。そして「今はお互い違う事務所ですが、お笑い界とプロレス界で、もっとぺこぱ精神で上に行きましょう! 蹴りが必要な時はいつでも呼んでください!」とエールを送っている。

 まだまだお腹いっぱいになんかなっていられない。ぺこぱの躍進は続くはずだ。

●取材・文/大木信景(HEW)

関連記事(外部サイト)