元国民的アイドルAに大麻使用疑惑 捜査当局が行動確認中か

元国民的アイドルAに大麻使用疑惑 捜査当局が行動確認中か

沢尻エリカの次は元国民的アイドルか

 芸能界の薬物汚染が止まらない。2019年はピエール瀧(52才)、元KAT-TUNの田口淳之介(34才)、そして沢尻エリカ(33才)と多くの芸能人が違法薬物で逮捕され、まさに激震の一年だった。

「11月の沢尻逮捕後、一部マスコミの間では“次の逮捕者”について、さまざまな情報が飛び交ってきました。なかでも2020年の“第1号”として具体的に名前が挙がっているのが元女性アイドルの“A”です。実際に大麻使用疑惑で本格的な捜査が始まっており、捜査当局が行動確認を開始。“3月逮捕を目指す”と言われています。また、一部のマスコミはいつでも逮捕の一報が打てるよう、彼女の“近影”を撮影し始めているとか」(違法薬物犯罪に詳しいジャーナリスト)

 Aについては、芸能関係者の間で以前から危ぶむ声が囁かれていた。

「昨年末、たまたま深夜に飲食店でAの姿を見かけたんです。目がトロンとして焦点が合っていなかった。本人は上機嫌で、おしゃべりしていましたが、ろれつが回らない状態で、何を言っているのかチンプンカンプン。“クスリをやってるんじゃないか?”とピンときて、声をかけるのをやめました。かかわりを持ったら大変なことになりそうですから」(Aの知人)

 Aの“異変”は複数の関係者が目撃している。

「Aさんが“大麻を使用しているのではないか”と噂されているのは事実です。Aさんは最近、目立った仕事もなく、暇なのか、しょっちゅう夜遊びに出かけている。そこで違法薬物に接するようになったのかもしれません」(芸能関係者)

 Aは現在30代。10代の頃から国民的アイドルグループのメンバーとして活動。NHK紅白歌合戦にも出場したことがある。

「グループ在籍中からお騒がせキャラとして有名で、脱退した後も男女間のトラブルなどで世間を騒がせました。今は結婚し、子供がいます」(前出・芸能関係者)

 かわいい子供がいるAになぜ違法ドラッグの疑惑が浮上したのか。

「育児でストレスがたまっていることと、仕事がしたいのに思うように来ないというジレンマが重なっていることが一因だと聞いています。本人は芸能活動を続けたいようですが、過去のトラブルメーカーのイメージも邪魔をして、なかなか思うようにいかない。イライラを発散しようとして夜な夜な出歩いて、つい大麻に手を出してしまう…そんな悪循環にハマってしまったのかもしれません」(前出・Aの知人)

 いち早く“異変”に気づいた人たちは、Aに幾度となく注意してきたという。

「事務所関係者をはじめ、周囲の人たちは大麻をやめるよう繰り返し忠告しましたが、本人は聞く耳を持たない。呆れてサジを投げてしまった人も少なくないようです」(別の芸能関係者)

 CMや映画、連続ドラマといった大きな仕事はしていないため、Aが逮捕されても、沢尻やピエール瀧の時のような大きな“降板騒ぎ”にはなりそうもない。だが、心配なのは、ほかならぬ子供への影響だ。

「子供はAにベッタリで親子の仲はかなり親密です。それだけに逮捕されたら、子供の精神的なダメージは計り知れない。Aは自分がマークされていると知っているはず。周囲の助言に耳を傾けてほしい」(前出・Aの知人)

 最近、メディア露出が以前ほどないAだが、久しぶりのニュースが逮捕情報でないことを祈りたい。

※女性セブン2020年1月30日号

関連記事(外部サイト)