2000年代「女子アナ=局アナ」の常識を破った2人の女性

2000年代「女子アナ=局アナ」の常識を破った2人の女性

昨年は結婚で話題に(写真/ロケットパンチ)

 熾烈な競争を勝ち上がった局アナの中でもさらに人気と実力を兼ね備えたアナウンサーだけが、看板番組のキャスターの座を射止めることができる。しかし、その“常識”を覆した女子アナたちがいる。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏がいう。

「2000年にフジテレビ系列の共同テレビに入社した滝川クリステルさんと相川梨絵さんです。2人はフジテレビを受験するも最終面接で惜しくも不合格になってしまったのですが、救済措置として共同テレビに初の新卒アナとして採用されます。

 2人とも入社直後からフジテレビに出向する局アナ扱いで活動し、滝川さんは2002年より7年間、フジの夜の報道番組『ニュースJAPAN』のキャスターを担当しました。元々はあの安藤優子さんがキャスターを務めていましたし、現在の同時間帯の報道番組『FNN Live News α』を看板アナであるミタパンこと三田友梨佳アナが担当していますから、この抜擢がいかに異例のことか分かると思います。相川さんはバラエティや情報番組で活躍、『笑っていいとも!』で覚えている方も多いのではないでしょうか」

 当時のフジは女子アナ人気が全盛の時代。しかしながら、毎年の採用は少なく慢性的な女子アナ不足に陥っていた。そんな状況を2人のように“局外”から支えていたのが、フリーアナウンサーを数多く抱える芸能事務所「セント・フォース」だ。

「1999年に『めざましテレビ』の2代目お天気キャスターとしてセント・フォース所属だった吉田恵が起用され人気を博した。そこから『お天気お姉さんといえばセント・フォース』といったイメージが浸透しました。その後、小林麻央さんや高樹千佳子さんはメインMCを任されるようになり、一気にフリーアナが台頭するようになった。最近ではテレ朝を退社した小川彩佳アナが『NEWS23』に移籍して大きな話題を呼びました」

 とはいえ、看板番組は基本的に局アナメインという状況は現在も大きくは変わっていない。今後、「第2の滝クリ」は現われるのか──。

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

関連記事(外部サイト)