大河『麒麟がくる』 “沢尻騒動”で過酷日程、別途報酬も

NHK大河『麒麟がくる』、再撮影の出演者に別途『報酬』も 沢尻エリカ被告降板の余波

記事まとめ

  • 沢尻エリカ被告降板により、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の代役に川口春奈が選ばれた
  • 再撮影のため撮影は過酷な日程となり、高橋克典は過労で年末に体調不良に見舞われた
  • 再撮影を行った出演者には、NHKから出演料とは別に別途『報酬』が支払われるという

大河『麒麟がくる』 “沢尻騒動”で過酷日程、別途報酬も

大河『麒麟がくる』 “沢尻騒動”で過酷日程、別途報酬も

沢尻の”代役”川口は乗馬の特訓中だという

 少女ながら、男勝りの手綱さばきで馬に乗って城に駆けつける。城内ではしっかりと前を見据え、ドタバタと足音を立てながら父・斎藤道三の元へ急ぐ。川口春奈(24才)は帰蝶(きちょう)になりきっていた。

「乗馬シーンは帰蝶のおてんばぶりを表現するために、スタッフが重要視していた場面でした。急きょ、代役となった川口さんは乗馬の経験がほとんどなかったそうです。実際に放送されたのは後ろ姿だったので、難しい撮影だったことがうかがえます」(テレビ誌記者)

 1月19日、長谷川博己(42才)が明智光秀を演じるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の第1話が、当初の予定よりも2週間遅れて放送された。

「“沢尻騒動”で注目されていたせいか、初回視聴率は前作の『いだてん〜東京オリムピック噺〜』よりも3.6ポイントもアップし、19.1%という好調なスタートを切りました。それもうれしいのですが、とにかく無事、放送できたことにホッとしています」(NHK関係者)

 スタッフが胸をなで下ろすのも無理はない。もともと、織田信長の正妻という第2のヒロインともいえる帰蝶(後の濃姫)役だった沢尻エリカが、麻薬取締法違反で逮捕された2019年11月16日の時点で放送開始まで2か月を切っていた。しかも、6月から始まっていた撮影は10話まで撮り終えている状況だった。

 出番の多い沢尻の代役選びは急ピッチで進み、11月21日、時代劇初挑戦となる川口の名前が発表された。

「とにかくスケジュールが最優先で調整されました。候補には水川あさみさん(36才)や満島ひかりさん(34才)、貫地谷しほりさん(34才)といった名前が挙がったと報じられましたが、代役選びは難航していました」(前出・テレビ誌記者)

 川口に白羽の矢が立つと、すぐにかつらや衣装合わせが始まり、12月2日には顔合わせとリハーサル、翌3日には早朝から撮影開始と、強行軍の撮影が始まった。

「通常、NHKは土日や祝日に撮影をすることが少ないのですが、再撮影のため年末年始はかなりハードなスケジュールだったようです。働き方改革が叫ばれる中、一時的なこととはいえ、ブラックに近い“グレーな撮影現場だな"という、ジョークまで飛びかっていました」(芸能関係者)

 実際、笑い事ではなかったという。あまりの過酷な日程のため、織田信秀役の高橋克典(55才)は過労となり、年末に体調不良に見舞われた。

「再撮影は、全力を注いで撮影したシーンをもう一度やり直すのですから、精神的な負担が大きくなり、普通の撮影よりも体力を消耗します。主演の長谷川さんも、深夜2時半起きなどの日々が続いたことで疲弊し、やはり年末年始には体調を崩したと聞いています」(前出・芸能関係者)

 第1話放送の数日前、厳しい日程で再撮影に臨んでいる出演者に、NHKからある“朗報"が届いた。

「『全放送回数決定と賠償について』と題された文書が配られました。そこには、12月から1月の再撮影分の損害額について、現在制作、美術、技術と計上中と書かれてあり、まだ算出には時間がかかるとのことでした。

 おそらく沢尻さんの賠償額は撮り直し費用、新ポスター作りなどで、数億円に上るのでは? とまでいわれています」(芸能事務所関係者)

 資料には、再撮影を行った出演者には出演料とは別に、「報酬」が支払われる旨も記載されていたという。

「こちらも算出についてはまだ関係者の間で検討中だといい、時間がかかると書かれています。当然ですが、出演者は報酬が欲しくて再撮影に臨んだわけではありません。よりよいものを作ろうと必死でした」(前出・芸能事務所関係者)

※女性セブン2020年2月6日号

 

関連記事(外部サイト)