大河出演の川口春奈 好スタートを支えた真っ直ぐすぎる視線

大河出演の川口春奈 好スタートを支えた真っ直ぐすぎる視線

故郷、美濃に帰った十兵衛(後の光秀)は主君・斎藤利政(後の道山)と娘・帰蝶に会う。幼なじみの帰蝶は今や大輪の花のようだった(1月26日放送第2話。写真提供/NHK)

 大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)が出演者のアクシデントを乗り越えて平均視聴率19.1%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)という好スタートをきった。要因のひとつに、代役に選ばれた川口春奈(24才)の存在が…。その注目に応えた彼女の女優魂とは――。

「大河ドラマは毎年必ず見ていて、いつかは自分も出たいと思っていたんです。現場では、さすがは大河ドラマというスケール感に圧倒されつつ、慣れない所作や言葉遣いに苦労する日々です」と語る川口。

 幼なじみの光秀(長谷川博己)に、思いを抱いたまま父・斎藤道三(本木雅弘)の命に従って織田信長(染谷将太)に嫁ぐ帰蝶(後の濃姫)に扮する。

 1月19日放送の第1話では、「父上が戦を始めるとの噂があり、馬を飛ばして帰ってまいりました」と本木との掛け合いで番組ラスト1分ほどに登場した。

 大河ドラマ初出演ながら、武家の娘を生き生きと演じる彼女に、「がんばれ!」「期待しています」との応援の声がネットを通して全国から届いた。

※女性セブン2020年2月6日号

関連記事(外部サイト)