大河で注目の門脇麦、別ドラマでは”ヒゲの紳士”を好演

大河で注目の門脇麦、別ドラマでは”ヒゲの紳士”を好演

『麒麟がくる』に出演する門脇麦(時事通信フォト)

 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で注目度が高まっている女優の1人が門脇麦だ。彼女が活躍しているのは、この大河だけではなかった。コラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんが“女優・門脇麦”について解説する。

 * * *
 大河ドラマ『麒麟がくる』には、今のところ、ふたりのヒロインがいる。一人はいろんな意味で注目を集めた斎藤道三(本木雅弘)の娘・帰蝶(川口春奈)。もう一人は駒(門脇麦)である。

 駒は、初めて京に出た明智光秀(長谷川博己)が、叔父の主君・斉藤道三の妻・小見の方の病を治せる名医を探すうちに出会った望月東庵(堺正章)の助手。第一話で光秀に自分が戦災孤児だと打ち明けた駒は、心から戦を憎み、「麒麟というのは穏やかな国にやってくる不思議な生き物だよ。それを呼べる人が必ず現れる。その人は麒麟を連れてくる」と目をキラキラさせて語る。その言葉を聞いた光秀は、「麒麟のくる国を目指す」と誓うのだ。

 …ということは、この物語のすべてのカギは、駒がもたらしたものじゃありませんか! 出演者クレジットで「明智十兵衛光秀」の次に堂々と「駒」の名前が出てくるのも納得だ。
 
 そんな超重要人物の駒は、毎回、よく働くのである。光秀らが織田軍と戦って、辛くも勝利すると、傷ついた人々を直ちに看護。やっと落ち着いたと思ったら、帰蝶が木登りをしてリスをつかまえたときに小枝で足を切った、なんてことを言ってきたので、さっそく手当て。戦国の白衣の天使か保健室の先生か。さらに、幼いころ教えられた歌を、光秀の母(石川さゆり)の前で歌い始める。小松菜奈とのデュオ『さよならくちびる』などで知られる歌い手でもあるとはいえ、門脇麦もベテラン歌姫・石川さゆりの前でアカペラで歌うんだから、さぞかし緊張したことだろう。

 そんなわけで、純真で可愛らしい駒は殺伐としがちな戦国ドラマのアイドルといってもいい存在なのだが、そんな折も折、門脇麦は別のドラマで衝撃的な姿になって目の前に現れた。BSプレミアム『シリーズ横溝正史短編集U 金田一耕助 踊る!』の第二話「華やかな野獣」だ。

 内容は、戦後の混乱期、マスクをつけた男女が一夜の相手を探すパーティーが終わるころ、ホテルの美しい女主人が殺された事件を名探偵・金田一耕助が調べるというもの。前シリーズ同様、池松壮亮演じる金田一がものすごくズタボロなだけでも、サブカルのにおいがぷんぷんするが、この「華やかな野獣」は、なんと登場する男たちもすべて女優が演じるという趣向だったのだ。捜査を指揮する警部は能面のようなメイクにヒゲの我妻マリ、被害者の乱行ぶりをキーキー声で報告する鑑識はヒゲが横にビーンとのびたアン ミカ、そして謎のパーティーに出ていた紳士こそ、ヒゲをつけた門脇麦だった!

 年齢的にもビジュアル的にも不可思議にしてアンバランスなこの配役。どよーんとしたままに、犯人のトリックが暴かれる。うなだれるヒゲの美女たち。ちっとも事件が解決した気がしない。それがこの30分ドラマの狙いだったのか。女優がヒゲをつけて出たドラマといえば、天海祐希の「女信長」を思い出すが、そのヒゲには男としてふるまう理由があったもんね…。

 令和二年は、門脇麦の可能性の幅広さに圧倒されて始まった。『麒麟がくる』の駒は架空の人物だけに自由自在に動ける。駒が麦がどう変化するか予想もつかない。まだまだ驚かされる気もする。

関連記事(外部サイト)