「梵天丸もかくありたい」の元子役が語る『独眼竜政宗』秘話

「梵天丸もかくありたい」の元子役が語る『独眼竜政宗』秘話

かつての名子役はいま

 初回視聴率19.1%、直近の第3回放送も16.1%と好発進した大河ドラマ『麒麟がくる』。「大河らしい大河」と評価される演出と、長谷川博己の好演が話題となっている。59作目になる同作だが、大河の歴史を振り返れば、歴代最高となる「平均視聴率39.7%」という驚異的な数字を残した作品があった。1987年放送の『独眼竜政宗』だ。同作に出演して大きな話題を呼んだ元子役が、今回、インタビューに答えた。

『週刊ポスト』が行なった「歴代最高の大河」を選出する読者1000人アンケートでも、見事1位に輝いた『独眼竜政宗』。渡辺謙演じる主人公・伊達政宗の幼年期である「梵天丸」が不動明王像に向かって「梵天丸もかくありたい」と話した言葉は流行語になり、真似する子供が続出した。

 梵天丸を演じた藤間勘十郎氏(39)は、現在、歌舞伎舞踊の振り付け師の家系「宗家藤間流」の8世宗家として流派を率いている。勘十郎氏が当時を振り返る。

「その頃、僕は幼稚園の年長さんでした。覚えているのは、夜中の撮影がとにかくキツかったこと。当時は労働基準法に子役(18歳未満の年少者)の深夜労働を禁じる規定がなく、撮影が日をまたぐこともザラだった。僕は寝たらなかなか起きられなかったので、夜中にロケバスで居眠りをしていて叩き起こされるのが辛かった。夜中の12時半に起こされて、午前1時からまた撮影ですから、とにかく、いつも眠くて眠くてしょうがなかったんです。もちろんいいお役をいただいているという自覚はあったのですが、この“眠気との闘い”は辛かったです」

 幼くして病で“独眼竜”になるシーンはとりわけ苦労したという。

「心情の変化を表わすために、ニワトリ小屋で暴れるという撮影がありました。助監督たちが『ニワトリを投げつけるから思いっきり叩け!』と言って、ニワトリをけしかけてくるんです。ニワトリって、飛び上がっても低空飛行でしょう? ちょうど、僕の顔くらいのところに飛んでくるので、怖くて反射的に避けようとすると『逃げ回っちゃダメだ!』って……。いまだにニワトリは苦手です(苦笑)」

「梵天丸もかくありたい」というセリフは大ブームとなり、幼くして一躍「時の人」となった勘十郎氏だが、「自分ではあまり意識はなかった」と話す。

「あのシーンの撮影では、とにかく早くセリフが言いたかったのですが、監督は『まだだ!』と止めるんです。僕が出演していた舞台と違い、テレビでは、1つの場面をいろいろなアングルから何カットも撮影する。『なんでまだセリフを言わせてくれないのかなぁ!?』って思っていました。舞台とテレビの違いも勉強させていただき、今ではいい経験になったと思っています」

◆取材・文/宇都宮直子

関連記事(外部サイト)