『麒麟がくる』光秀の馬は大河出演4度目、岡田准一も惚れた

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』、長谷川博己演じる明智光秀の愛馬は大河出演4度目

記事まとめ

  • 『麒麟がくる』で、明智光秀(長谷川博己)が乗っている馬は「バンカー」という撮影馬
  • これまで、『軍師官兵衛』、『おんな城主 直虎』、『西郷どん』などにも出演している
  • 岡田准一はバンカーに惚れ込み、映画『関ヶ原』や映画『燃えよ剣』でもバンカーに乗馬

『麒麟がくる』光秀の馬は大河出演4度目、岡田准一も惚れた

『麒麟がくる』光秀の馬は大河出演4度目、岡田准一も惚れた

撮影で活躍する馬「バンカー」を慕っていたという長谷川博己

 2019年11月の沢尻エリカ(33才)の事件で再撮影が生じ、大河ドラマ初の放送開始日の後ろ倒しとなった『麒麟がくる』(NHK)。そのオープニングでは、長谷川博己(42才)演じる明智光秀が、馬に乗って疾走する映像が使われている。

 この馬は「バンカー」という名の雄の「撮影馬」。オープニング映像も、CGではなく、バンカーが本物の炎の前を走っているのだという。

 このバンカーを含め育てているのは、多くの撮影馬を手掛ける乗馬クラブ「ラングラーランチ」のオーナー・田中光法さん。田中さんは過去にドラマ『信長協奏曲』(フジテレビ系)で小栗旬(37才)に乗馬を指導するなど馬術指導師の顔も持つ。

「戦闘のシーンでも、長谷川さんご自身がバンカーに乗って撮影に臨んでいます。それができるのは、バンカーが長谷川さんを慕い、また、長谷川さんもバンカーを心から信頼しているからです」(田中さん)

 大河ドラマでは、撮影が始まる数か月前に役者たちが乗馬練習をし、“相性”を見極めたうえで乗る馬を決める。

「馬は第六感がとても強い動物で、人間の顔を一人ひとり認識し、その人がどんな人なのかを馬なりに感じている。出演者のかたが気に入ったというだけでなく、馬がどう感じているか。ぼくはそれを見て馬配をします。

 バンカーに初めて乗った時、長谷川さんはとても安心した表情をされていました。それはバンカーも、安心して長谷川さんを乗せている証拠。それでバンカーを長谷川さんの愛馬にすることに決めました。

 長谷川さんは真面目で勉強熱心。“撮影以外でも練習したい”とバンカーがあいている日を訪ねてきてくれるんです」(田中さん)

 馬はとても敏感で臆病な動物で、本来なら槍や鉄砲を持った役者を乗せるのは至難の業。ましてや爆破シーンとなれば、パニックを起こして暴れてしまう。それゆえ撮影馬たちは、長く厳しい訓練を積んでいるのだという。

「例えば合戦シーンには軍旗が必ず出てきますが、馬はヒラヒラとはためく旗がとても苦手で、普通は旗を見せただけで逃げ出してしまう。だから、少しずつ時間をかけて、“怖くないんだ”ということを教えていくんです。ほかの動物と同様、火を怖がるので、人が火のついたたいまつを持って馬と一緒に歩く、歩行訓練を行います」(田中さん)

 ほかにもさまざまなハードルを越え、バンカーが撮影馬になるには2年ほどかかったというから大変だ。

 田中さんが育成している撮影馬は20頭以上。いずれも足が太くて丈夫で、性格が穏やかなクォーターホースという品種で、なかでも特に優秀な5頭が、実際に撮影馬として活躍しているのだという。

「撮影馬の条件は、体が柔らかくてバランスがよく、頭がいいこと。いつもは必ずアメリカに行って自分の目で見て馬の買いつけをするのですが、バンカーに限っていえば、乗馬クラブの知人が撮影した動画を見て“この馬はいい馬だな”と思って決めました。実際に乗ってみたら、想像以上でしたね」(田中さん)

 撮影馬たちの中でも、バンカーは一目置かれる存在だ。現在17才で、人間でいえば50代半ばのベテラン俳優。これまでに出演した映画やドラマは30本以上にのぼり、多い時には年間7本ほどの作品に出て、1頭で1000万円ほど稼ぐという。

 大河ドラマへの出演歴も多く、『軍師官兵衛』(2014年)では岡田准一(39才)が、『おんな城主 直虎』(2017年)では菅田将暉(26才)が、『西郷どん』(2018年)では渡辺謙(60才)が乗る馬として登場している。

 なかでも岡田はバンカーに惚れ込み、映画『関ヶ原』(2017年公開)でも指名。今年5月公開の映画『燃えよ剣』でもバンカーに乗っているという。

「岡田さんは本当に真摯に馬と向き合う人で、長谷川さんと同じく撮影前に必ずバンカーのところに来て、挨拶していきます。とある雑誌のインタビューでも“ぼくは100%バンカーと相性がいい。乗った時のバランスもよく、大好きなんです”と話していましたよ」(田中さん)

※女性セブン2020年2月20日号

 

関連記事(外部サイト)