仮面ライダー&戦隊出身俳優、ブレークに必要なのは朝ドラ

仮面ライダー&戦隊出身俳優、ブレークに必要なのは朝ドラ

菅田将暉は『ごちそうさん』で朝ドライケメン枠に

『美女と野獣』、『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』、『ワイルド・スピード ICE BREAK』――ゴールデンウイークの映画興行収入ランキングで不動のトップ3にぴたりとくっついて離れない『帝一の國』の注目度が日増しに高まっている。

 同名漫画を原作とするこの『帝一の國』のテーマは、命がけの生徒会選挙。学園内の政権闘争コメディーという、一風変わった設定だ。主演は今をトキメク菅田将暉(24才)。彼を、猫のようにズル賢くも愛くるしく支えるクラスメート役が志尊淳(22才)。ともに切磋琢磨するよきライバル役に竹内涼真(24才)、他にも、千葉雄大(28才)、松本岳(24才)…と、ここまで名前を聞いて、ピンときたかたもいるだろう。彼らの“出身”は、仮面ライダー、あるいは戦隊レンジャーなのだ。

 それにしても『帝一の國』に、これほど元ヒーローが集まっているというのは偶然とは思えない。しかし、イケメン評論家の沖直実さんは、「そろえたわけじゃないと思う。旬の子たちが集まったら、たまたま元ヒーローが集まった」と見ている。

「今、1年間テレビに出させてもらえる番組って他にないんです。新人の俳優が1年間地上波に出続けられるということに加え、1年間みっちり演技もアクションも勉強できる。そうしたしっかりした基礎ができているから、元ヒーローはブレークしやすい」(沖さん)

 撮影はほぼ毎日で、テレビのほかに映画版の撮影も同時進行で行われ、さらにファンイベントも開催される。たまの撮休は、雑誌などの取材日となることも多い。コラムニストの今井舞さんが続ける。

「ヒーロー出身という経歴は、公私ともに認められた下積みがあるということ。ドラマは主人公の成長ストーリーですが、それは演じている方も同じ。新人の頃から取材が多いので、自分の言葉で自分について発信することにも慣れますし、ファンと接する機会がたくさんあることでサービス精神を、周りのスタッフなど大人たちと過ごす時間の中で、礼儀を学びます。そうでない俳優とは基礎体力が違うんです」

 それゆえテレビや映画業界のキャスティングの場では、ライダーや戦隊出身と聞くと、「安心できる」という話が飛び交うこともあるという。

「ここ数年、芸能界には次から次にイケメンが出てくるので、私は『イケメン戦国時代』と呼んでいますが、仮面ライダーや戦隊だったということで芸歴に大きなポイントが加算されるんです。もちろんヒーロー出身でなくても活躍している人もたくさんいますし、ヒーロー時代がピークになってしまう人もいます。

 ただ、最初にヒーローだったかどうかの線引きがあるのは事実。そういう意味で、仮面ライダーや戦隊だったからといってエライということはありませんが、今後こういった“ヒーロー争奪戦争”は、いろんなところで起きるんじゃないでしょうか」(沖さん)

 前出の沖さんは、平成ヒーローがブレークするかどうかの法則を発見したと息巻く。

「ヒーローを卒業してうまく朝ドライケメン枠に入れた人は必ずブレークしていますよね。もともとお母さん層や子供たちを虜にしていることに加え、おばあちゃん層も取り込めます。菅田くんは『ごちそうさん』でしょ? 福士蒼汰に松坂桃李、玉山鉄二、綾野剛もそう」(沖さん)

 もちろん放送中の『ひよっこ』にもヒーロー出身者がいる。『獣電戦隊キョウリュウジャー』(2013年)の竜星涼(24才)に、まもなく“帝一メンバー”で、仮面ライダードライブの竹内も登場する。あぁ、目が離せない!

※女性セブン2017年6月1日号

関連記事(外部サイト)