落語芸術協会会長のポスト歌丸問題と円楽の壮大な夢

落語芸術協会会長のポスト歌丸問題と円楽の壮大な夢

入退院を繰り返す歌丸の後任は?

 古典落語の人気演目「片棒」は、引退を前にした江戸商人・赤螺屋(あかにしや)が3人の息子の誰を店の跡継ぎにするか悩むところから物語が始まる。「片棒」の舞台から300年たった今、落語界でも“後継問題”が思わぬ展開を迎えていた──。

 肺炎で入院していた落語家・桂歌丸(80)が5月13日に退院した。35キロまで落ちていた体重も徐々に戻り、現在は食事も取れるほどに回復。しばらくは自宅で静養しながら高座復帰を目指すという。だが落語関係者は「完全な復帰は困難では」と声を潜める。

「必ずや高座に戻っていただきたいと思いますが、ここ数年は入退院を繰り返しているだけに、会長職を続けるのは難しいかもしれない」

 この「会長職」とは、東京落語界の二大協会のひとつである落語芸術協会(以下、芸協)の会長のことである。漫画家で落語評論家の高信太郎氏が解説する。

「芸協は合議制で、協会の方針や新しい試み、誰を真打ちに昇進させるかなどはすべて理事会で取り決めます。会長は、これら理事や協会員をまとめる役割を担います」

 2004年から歌丸が務めるこの職は、これまで六代目春風亭柳橋、五代目古今亭今輔、四代目桂米丸、十代目桂文治ら大師匠たちが務めてきた。

 名誉ある大役だけに、当然、『笑点』の司会者同様にその座をめぐって手を挙げる者が続々……と思いきや、どうもそうではないらしい。芸協関係者がいう。

「6月には芸協の役員改選が行なわれます。歌丸師匠の体調のことを考えれば、5月下旬の理事会で後継者問題について話し合われるのは間違いない。だが、この状況下でも、誰も手を挙げようとしないんです」

◆昇太でいいんじゃない!?

 最有力と目されるのは、現在、副会長を務める三遊亭小遊三(70)。歌丸も周囲に「小遊三に頼みたい」と語っていると伝えられているが……。

「小遊三師匠は『落語に専念したいんだけどねぇ~』とこぼしていて、名誉や権威に関心がない。昨年4月に不整脈の手術をしてからは、健康面にも不安があるようで、消極的です」(同前)

 本心を知るべく、小遊三を直撃したところ、「後継者の話もないし、やりたい気持ちもない。昇太でいいんじゃない!?」と『笑点』でお馴染みの“無責任キャラ”全開だ。

 では、小遊三に“指名”された『笑点』司会者・春風亭昇太(57)はどうか。

「ライバルの落語協会では、3年前に当時52歳の柳亭市馬が史上最年少で会長職に就いた。副会長にも当時54歳の林家正蔵が就任し、幹部の若返りに成功している。芸協でも、全国区の知名度を誇る昇太さんが会長職につくことにより協会に新風が吹くのでは。何よりも老若男女に愛されるあのキャラクターは団体の“顔”として最適です」(前出・高氏)

 と、待望論も巻き起こっているようだ。だが、『笑点』の司会に抜擢されたことでお茶の間の人気者となった昇太は、NHK大河『おんな城主 直虎』や『小さな巨人』(TBS系)などで俳優としても活躍。バラエティに独演会にと引っ張りだこで、現在は芸協が主催する寄席やイベントへの出演も困難なほど過密スケジュールなのだ。

「会長となれば、今以上に負担がかかる。本人としてはなんとか固辞したいところでしょう」(前出・芸協関係者)

 昇太にも話を聞いた。

「僕が会長に!? えっ!? そんなまさか!(オファーがあったとしても)それは理事会が決めること。僕が決めることではありません」

◆雇われ社長だよ!

 権威あるポストがなぜ“火中の栗”となるのか。落語評論家の広瀬和生氏が解説する。

「芸協は公益社団法人であり会社とは違う。会長になったところで、収入が増えるわけではありません。『芸協らくごまつり』など協会主催のイベントには代表として必ず出席しなければならない上に、役員会や理事会など芸協のスケジュールに無償で縛られる。正直、割の良い仕事ではない」

 売れっ子落語家は「名誉」より「実」ということなのか。そんな中、仰天プランが浮上している。三遊亭円楽(67)率いる「円楽一門」の芸協入りと円楽の会長就任だ。

 先代・円楽の盟友だった歌丸は、先代が残した弟子たちに目をかけてきた。2011年に円楽一門が芸協入りを申し入れた際に歌丸は尽力するも、芸協内の猛反対で頓挫した経緯もある。

「芸協が苦境を迎えた今なら、実現しうる話ではないでしょうか。ライバル・落語協会には真打ちが200人いるが、芸協はその半分と大きく水を空けられている。円楽一門が合流することで、『層の薄さ』という弱点とともに、円楽を会長という大看板に据えることも可能となる」(前出・芸協関係者)

 このプランについて、円楽に意見を聞くと、

「そんなの雇われ社長と一緒だよ! 頼まれても絶対にない! 順当に副会長の小遊三さんがなるべきだと思う。そもそも僕は“協会”とか言ってないで、東京落語界をひとつにすればいいと思う。そうすればもっと落語は魅力的になるはず」

 という壮大な夢でトリを締めた。

※週刊ポスト2017年6月2日号

関連記事(外部サイト)