曖昧な交際開始時期、阿川佐和子の夫の前妻語る胸の内

曖昧な交際開始時期、阿川佐和子の夫の前妻語る胸の内

阿川氏の結婚に世の女性がザワつく理由は?

 阿川佐和子さん(63才)の結婚報告はこんな一文ではじまる。

《おこがましいことながら、このたび五月九日に私、阿川佐和子が入籍したことを、ここにご報告いたします》(『週刊文春』5月25日号、以下《》内同)

 5月18日発売の『週刊文春』で今月9日に電撃結婚していたことを明らかにした阿川さん。「阿川佐和子 独占手記 今更ですが 私、結婚しました」と題された記事は8ページに及ぶ。満面の笑みを浮かべた阿川さんの写真の雰囲気は幸せそのものだ。

 お相手は阿川さんより6才年上の慶応大学元教授Sさん(69才)。大学を定年退職した後も教育関連の仕事をこなし、趣味はゴルフと「数独」。いつもノホホンとしており、気の強い阿川さんを優しく懐柔する人柄だという。

 幼い頃から母親になることが夢で20代、30代でのお見合い歴は30回以上だが、意中の相手は一向に現れず、気がついたら婚期を逃していた――そんな“結婚できないキャラ”の彼女がようやくつかんだ「熟年大人婚」だけに、世は祝福ムードに包まれるかと思いきや、意外にそうでもなかった。というのは、阿川さんがSさんと初めて出会った時、彼には妻子がいたからだった。

「手記ではSさんとの長年の信頼関係がなせる阿吽の呼吸が綴られていますが、Sさん夫妻が離婚したのはここ数年のこと。手記で触れられていませんし、別居していたとはいえ、どう読んでも不倫関係だったことが気になってしまうのです」(出版関係者)

 阿川さんは手記のなかで、35年前に当時28才だった阿川さんが友人の紹介で30代のSさんの家を初めて訪問した時をこう振り返る。

《行ってみると、S氏の家は奥様と、四人のお子さんと犬一匹に猫一匹のいる賑やかでモダンな家庭でした》

 この出会いからしばらくした後、阿川さんとSさんはふたりきりで食事をした。別れ際に阿川さんが「もうふたりで会わないほうがいいと思います」と告げると、数日後、Sさんから手紙が届いた。たわいない内容だったが、ユーモラスな筆致に阿川さんは「もう一度会いたいなあ」と思ったという。

 それから十数年後、Sさんから「奥さんと別居することになった」と聞かされたことをきっかけに、ふたりは《少しずつ距離が近づいていった》。そのうえで阿川さんはこんな心境を明かす。

《これだけの高齢になるまで結婚しなかった理由の一つに、初めて出会ったとき、相手に家族がいたことは無視できません》

 この衝撃的な告白に世の女性は、「これって不倫だったの?」「『文春』ではゲス不倫とか、さんざん叩いてきてたけど、阿川さんのはアリなの?」とザワザワ。本誌・女性セブンの取材でも、Sさんと元妻のA子さんの離婚が成立したのは4~5年前と見られる。となると、別居が始まったのは約25年前というから、その間の「20年」はどのようなおつきあいをされていたのかが気になるところ。

 ちなみに昨年、日本中を騒がせた“ゲス不倫本家”の川谷絵音(28才)も、ベッキー(33才)との不倫当時は妻と別居中だった。

 世の女性をさらにザワつかせたのは、阿川さんがA子さんと親しい友人関係にあったと報じられたことだ。これには「友人の夫とつきあいはじめたってこと?」「前妻の気持ちを思えば幸せの告白なんてしない方がよかったのでは…」などA子さんに同情する声がもっぱら。

 エッセイストの中野翠さんは、「相手の夫婦関係を壊したのでなければアリ」と阿川さんの行動に理解を示しつつも、“女には女のルール”があると指摘する。

「女同士の義理として、友人の夫に対しては“100%恋愛感情は持たない”“邪心をもって近づかない”ということが暗黙の了解です。妻帯者の男性と友人としてつきあうなら、奥さんとも顔なじみになって人柄を知って安心してもらうほうがいい」

 竹を割ったようなストレートで鋭い物言いが人気の阿川さんだが、今回の手記ではA子さんへの思いはこう述べただけだった。

《こういうご時世ですから、テレビのワイドショーで取り上げられたとき、正直、世間の皆様にどのような感想を持たれるのか、あるいは離婚したとはいえ、前の奥様にも相当にご迷惑がかかるのではないか(実際、しつこく取材されたそうです)という不安もありました》

◆Sさんの元妻は何を語るか…

 出会った当初はSさんとA子さんは6人家族で仲睦まじく暮らしていたという。それからなにがあったのか──。

 スラッとした細身のスタイルにショートヘア、凜とした雰囲気のA子さんに話を聞いた。本誌の呼びかけに足を止めるとA子さんは吹っ切れているような笑顔を見せた。

──今回の結婚についておふたりにどんな言葉をかけますか?
「おめでとう。おめでとうございます」

──心から祝福できますか?
「うん」

──略奪婚ではないですか?
「そうは思いません」

──おふたりの交際には気づかなかった?
「全然、気づかなかった。ハハハ」

──なんとなく察知してなかったですか?
「う~ん、わかんないなぁ」

──30年来のつきあいでもわかりませんでしたか?
「アハハ、ううん」

──阿川さんとは友人として連絡は取り合っていますか?
「それは…コメントなしで(笑い)」

 終始、柔和な表情で答えるA子さん。本誌は阿川さんの結婚報道が出た昨年11月にもA子さんに話を聞いている。その時は、「許せないのではないですか」との問いかけに以下のように語った。

「そんなことは言わないでくださいよ。それで今の私があるんだから。私にとってはもう終わっている話なので、本当にお幸せでいいと思います」

 阿川さんとSさん、A子さんが出会ってから5年後に別居、それから20年の間、離婚せずにい続けたA子さんにさまざまな葛藤があったことは想像に難くない。前出の中野さんは「年齢が女性を丸くする」と語る。

「もう若くないってことは大きくて、若い時は生臭い話でもある程度の年齢になると、さっぱりしちゃうんですよ。嫉妬が渦巻くような関係から、お互いにひとりの人間として尊重し合うような関係になれるんです」

 阿川さんの告白はこう締め括られている。

《もし街中で、私たち二人が手と手を取って歩いている姿を見つけたとしても、「よ、新婚め!」とからかわないでくださいませ。手を繋いでいるのは、時空を超えた愛ゆえ、すなわち、互いに転ばないためなのですから》

※女性セブン2017年6月8日号

関連記事(外部サイト)