『花戦さ』けったいな僧侶役の野村萬斎 天真爛漫が演技の軸

『花戦さ』けったいな僧侶役の野村萬斎 天真爛漫が演技の軸

映画『花戦さ』で初代・池坊専好を演じた野村萬斎

 人の名前を覚えるのが苦手。権力にも世俗にも興味がないから、その場の空気も読めないし、読もうともしない。けれども、花に対する感受性の鋭さは比べるものもない──。映画『花戦さ』でそんな、“けったいな”僧侶、初代・池坊専好を演じた野村萬斎(51才)。

「きれいな花を見れば、身も心も吸い込まれていく。そして“ああ、きれいだ”と感情を露わにする。そうかと思えば放心状態で花を見続ける。純粋無垢な人物ですから、終始一貫テンション高く演じきった感がありました。正直なところ疲れましたね」(萬斎・以下同)

 京都・頂法寺六角堂で朝夕仏壇に花を供える花僧で、立花の名手だった初代・池坊専好が、暴君となった豊臣秀吉(市川猿之助)に花で一世一代の大勝負に挑む姿を描く『花戦さ』。本作には、花をいけたという記録から、今年、発祥555年を迎える華道家元「池坊」の監修による、200瓶を超えるいけばなが登場している。

 専好は戦国時代を生き、今日に伝わる華道の確立に寄与した実在の僧侶。実際に花をいけた記録も残されている。だが、その人物像はほとんど知られていない。役作りの苦労を聞くと、

「台本に“天真爛漫な少年のような目をしている人物”とあったので、そこを軸にしました。大人の妙な価値観にとらわれない、子供のような人なのだなと受け止めて」

 楽しいときやおかしいときは顔いっぱいに笑い、悲しいときは涙あふれるままに泣く。花をいけるときは身も心もどこか遠い世界にワープしているかのような真剣さ。この天真爛漫さと花が好きという、ただそれだけの一途さで、豊臣秀吉という天下人にも真正面から戦いを挑んでいく。

 時代劇の主人公といえば、表情を押し殺して寡黙に進む男たちがほとんどだが、萬斎演じる専好は、そのときどきの豊かな表情が、見る者のストレスを洗い流してくれるようだ。しかも全編になんともいえない温かさとユーモアが流れている。

◆うそをつけるのが時代劇の楽しさ

 CGを使うこともなく、顔に寄って撮るアップが多かったので、表情のうそがつけないことなど、萬斎は撮影の裏話も気さくに語る。

「天才でないものが天才を演じる難しさを思いましたが、芸能の世界には天才がいますから、そういう人物を参考にしました」

 と言うが、彼自身がまぎれもなく天才ではないだろうか。ただ、本業の狂言の舞台以外では、あまり天才の鬼気を見せない、サービス精神に富んだバランス感覚に優れた人、というだけで。

 だからこそ、仕事のオファーは引きも切らない。本作品も2年前に出演依頼を受けたが、ようやくスケジュール調整ができた。そして、京都で撮影に集中したのはわずか1か月余りだった。

「その間は朝から晩まで専好さんになっていましたね」

 よその土地と違い、専好の生きた時代の香りが、まだどこかに残る京都での滞在も、自然とその雰囲気がつかめて有意義だった。ただし、撮影の合間も、狂言の公演などで全国を飛び回り、テレビ出演や取材もこなしたという。

「たとえば、徳島、広島と連日狂言公演をして、東京へ戻って、その夜せりふを覚えて、翌日は京都で早朝ロケという、まるで、修行かと思うような日々でした」

 そんな中で、時代劇を撮ることの楽しさを改めて実感したそうだ。

「京都で、映画作りのプロの技を見せていただきました。大道具・小道具・結髪・衣装など、スタッフのすべてとの出会いが、ワクワクするものでした。短い期間でしたが、だからこそプロの技術者がわっと集まって、一気に作った。そして、みんなで作り込める部分が多いというのか、うそをつける楽しさがありました。これは時代劇ならではですね」

 何よりもリアルさが求められる現代劇と違って、時代劇では想像を大きく広げられる。その楽しさがあると言う。また、所作などは狂言のそれと通じるものが多いので、すんなり入っていけたとも。

 描かれるのは室町から安土桃山に移る時代、黎明期にある華道、千利休(佐藤浩市)による茶の湯、さらには織田信長(中井貴一)や前田利家(佐々木蔵之介)などの武将のエピソードなど、カルチャー映画として見ても学ぶことが多い。

「人間模様も花もじっくり見ていただきたいですねえ」

 彼自身、演じている自分のほかにもう1人の自分がいて、自分や共演者が演じる姿を、さらには、描かれた時代そのものを、ふすまを開けてそっとのぞき見したい思いに駆られたという。

撮影/矢口和也

※女性セブン2017年6月8日号

関連記事(外部サイト)