平野レミ ユニークレシピの名前は夫のアイディアがきっかけ

平野レミ ユニークレシピの名前は夫のアイディアがきっかけ

斬新で美味しい仰天レシピを次々と生み出す平野レミさん

 ブロッコリーを丸ごと使う豪快さ、コーヒーをご飯に入れちゃう斬新アイディア…。お茶の間を賑わし続ける平野レミさんの料理。“お騒がせ料理人”“放送事故”なんて言われるけれど、食べればそのおいしさにビックリすること間違いなしだ。

 NHK『あさイチ』の生放送で、立てた丸ごとのブロッコリーが倒れ“放送事故”と話題となったこともある。撮影日、テレビの生放送の時とまったく変わらず、レミさんは超スピードでどんどん料理を作っていく。

「ブロッコリーってさ、いつも小房に切られてかわいそう。だから敬意を込めて丸ごと使ったの。料理は冒険。味も見た目もワクワクしないと!」

 撮影中、ブロッコリーは伝説同様転倒したが、おかまいなし! まさに“冒険”のような料理が始まった。

「“食べればコロッケ”は、唱ちゃん(長男)が子供の頃、“コロッケ食べたい!”って急に言い出して閃いた料理。“ごっくんしたらコロッケだ!”ってとても喜んでくれたの」

 この“食べればコロッケ”は、千切りキャベツの上に茹でて潰したジャガイモを乗せ、炒めたひき肉とタマネギを乗せたもの。これに中濃ソースをかければ「食べればコロッケ」というわけ。“にんじんまるごと蒸し”も、にんじんが苦手な子供達が楽しく食べられるよう生まれた。テレビで紹介したところ、マツコ・デラックスは「おいしい!」と、2本も平らげた。

 ネーミングの遊び心は夫である和田誠さんから教わった。

「キャベツにゆで豚をのせたら、和田さんが“キャベツ畑に豚が眠っているみたいだね”って“豚眠菜園”と名付けてくれました。それから私もユニークな名前を考えるようになったのよ」

 和田家には渥美清、坂本九、武満徹など多彩な客が集った。赤塚不二夫は、餃子の具に皮をのせた“食べれば水餃子”を「こりゃ~怠慢だね!」と言い、そこから本格中華さながらに漢字を変えた“台満餃子”が誕生したという。

 次男の妻で食育インストラクターの明日香さんは、嫁ぐまでキャベツとレタスの違いも分からなかったと話す。

「レミさんは包丁を2本使ってバババーッとお肉を叩いて超豪快! お料理って楽しくていいんだって知りました」

 子供を抱きしめてかわいがるのもいいけれど、大事なのはスキンシップより“ベロシップ”。レミさんの教えは、愛があふれるレシピで次の世代へと伝えられていく。

 そんなレミさんの伝説レシピを3品ご紹介!

◆食べればコロッケのレシピ

《材料》4人分
合いびき肉…200g
じゃがいも…中4個
玉ねぎ…1/2個
キャベツ…4枚
コーンフレーク(プレーン)…1/2カップ
サラダ油・酒…各大さじ1
塩・こしょう・中濃ソース・パセリ・レモン…各適量
A(塩・こしょう・ナツメグ)…各少量

《作り方》
【1】じゃがいもは皮のまま水にくぐらせ、1個ずつラップで包み、電子レンジで約12分加熱する。途中で上下を返し、串がスッと通ればOK。熱いうちに皮をむき、ボウルに入れてフォークで粗く潰し、塩とこしょうを振る。
【2】フライパンにサラダ油を熱し、みじん切りにした玉ねぎを炒め、透き通ってきたら、ひき肉、酒を加える。ひき肉がパラパラになるまで炒めたら、Aを加えて味を調える。
【3】器に千切りにしたキャベツ、【1】、【2】の順に重ねて盛り、粗く砕いたコーンフレークを散らす。刻んだパセリ、切ったレモンを添え、中濃ソースをかける。

◆豚眠菜園のレシピ

《材料》2人分
豚バラ薄切り肉・キャベツ…各300g
サラダ油…大さじ2
にんにく(みじん切り)…大さじ1
長ねぎ(みじん切り)…1/2本分
豆板醬…小さじ1/4
しょうゆ…1/4カップ
酒…大さじ2
砂糖…大さじ1

《作り方》
【1】フライパンに、サラダ油、にんにく(みじん切り)、長ねぎ(みじん切り)、豆板醬を入れてから、弱火にして20分以上、長ねぎがとろっとするまで炒める。しょうゆ、酒、砂糖を加え、ひと煮立ちしたら火を止める。
【2】食べやすい大きさにちぎったキャベツと豚肉を順に熱湯にくぐらせ、水気を切る。
【3】キャベツを器に盛り、豚肉に【1】をからめてのせる。

◆台満餃子のレシピ

《材料》4人分
豚バラ薄切り肉…200g
卵…1/2個
片栗粉…大さじ1/2
ごま油…小さじ1
水餃子の皮…8枚
白髪ねぎ…適量
水…大さじ3
長ねぎ(みじん切り)…大さじ2
紹興酒…大さじ1.5
しょうゆ・しょうが汁…各小さじ1/2
塩…小さじ1/4
こしょう…少量
A(しょうゆ・酢・ラー油・しょうが汁)…各適量

《作り方》
【1】豚肉は包丁で叩いてミンチ状にする。ボウルに豚肉と水、長ねぎ(みじん切り)、紹興酒、しょうゆ・しょうが汁、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまでよく混ぜる。
【2】【1】に溶いた卵を加えてよく揉みこみ、卵の汁気がなくなったら、片栗粉、ごま油を加えて混ぜ合わせる。
【3】耐熱皿に【2】をハンバーグ状にまとめてのせ、中央をへこませる。ラップをして電子レンジで4分30秒~5分加熱し、器に移す。
【4】鍋に湯を沸かし、ごま油(分量外)を入れ、縦4等分に切った水餃子の皮をゆでる。透き通ったらよく水気を切り、【3】にのせて白髪ねぎを盛り、混ぜ合わせたAをかける。

撮影/邑口京一郎

※女性セブン2017年6月8日号

関連記事(外部サイト)