ムロツヨシ、食える役者になる結果出した現状が「怖い」

ムロツヨシ、食える役者になる結果出した現状が「怖い」

すっかり売れっ子のムロツヨシ

 大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)の好視聴率を支え、『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ、2017年1月)や『重版出来!』(TBS、2016年4月)などでも注目を浴びたムロツヨシ(41才)。

 そんなムロだが、食べられない日々が長かった。恥をしのんで、瑛太や小泉孝太郎といった後輩らにずっとご馳走になってきた。それでも19才のときに抱いた夢をあきらめず、その道を驀進し続けて、今に至る。ある芸能関係者がコッソリ言う。

「酔うと熱くなって、必ず『結果出せ』『とにかく必ず結果出せ』って言うんです。しかもムロさんの場合、全然エラそうとか、上からじゃないから、ぐっとくるんですよね。だって、結果を出した今を『怖い』って言うんですよ。最大の理想が『食える役者』で、それが叶ってしまったから、次の理想がない今が怖いって…」

 周りもあきれるほどの人懐っこい性格を、ムロ自身は育った環境のせいかもと思っている。友達が欲しくて「八方美人どころか十六方美人」。

 そうしてできた友人をムロは大事にしている。著書『ムロ本、』の中に、こんな言葉がある。

《最大の信頼の形は、裏切られてもいい。裏切られたら、何か理由があるんだろうなって。それだけ。“アイツ、裏切りやがって”とかそういう感情は一切ない。それから顔を合わせなくても、言えないだけで絶対に理由があるんだろうと思う》

※女性セブン2017年6月8日号

関連記事(外部サイト)