『ひよっこ』の視聴率回復を支える2人の女子高生女優

『ひよっこ』の視聴率回復を支える2人の女子高生女優

『ひよっこ』で注目の女優・藤野涼子

 有村架純(24)主演の朝の連続テレビ小説『ひよっこ』の視聴率が回復基調にある。20%超えする回数こそ多くないものの、一時期の低迷期を脱出。平均視聴率19%台を記録することが多くなってきた。その背景には2人の女子高生女優の存在があるという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
『ひよっこ』は4月3日のスタート当初からコンスタントに視聴率19%前後を記録していましたが、第5週の5月2日には最低の17.6%にダウン。先行きが不安視されまれましたが、ヒロイン・みね子(有村架純、24歳)と親友・時子(佐久間由衣、22歳)が向島電機での仕事になじみはじめたころから上昇し、13日には3週間ぶりに20%を超え、17日にも最高の20.9%を記録しました。

 このV字回復をもたらしたのは、向島電機の女性社員が暮らす「乙女寮」の新メンバー4人。みね子と時子を含む“6人娘”の貧しくも笑顔あふれる日々は、1970~1980年代の青春ドラマを思わせ、視聴者をなごませています。

 これまでの放送では、おとぼけメガネっ子の澄子(松本穂香、20歳)や、成績トップの寮長・幸子(小島藤子、23歳)に注目が集まりがちでした。しかし裏を返せば、優子(八木優希、16歳)と豊子(藤野涼子、17歳)が、陰で6人娘のシーンを支えているとも言えます。

◆年少の女子高生2人に与えられた難役

 優子は「しっかりの者の先輩である一方、身体が弱いという悩みを抱える」、豊子は「成績優秀である一方、堅物でつい憎まれ口をたたいてしまう」という二面性のある役柄。そんな難しい役を同じ2000年生まれの年少2人が演じていることに驚かされます。

 優子を演じる八木さんはまだ16歳ながら、有村さんら20代女優の先輩役。それができるのは、赤ちゃんのときに『仮面ライダーアギト』(テレビ朝日)や『ちゅらさん』(NHK)に出演するなど、すでに芸歴17年のキャリアがあるからでしょう。

 八木さんの代表作と言えば、2008年の『薔薇のない花屋』(フジテレビ系)。香取慎吾さん演じる主人公の娘・雫ちゃんのけなげな姿を覚えている人も多いのではないでしょうか。それから9年が過ぎた今、子役時代の面影をわずかに残しつつも、20代女優たちに安心感を与えるような堂々たる演技を見せています。

◆プレッシャーと演技指導に耐えた経験値

 豊子を演じる藤野さんも子役出身。ただ、小学生時代はエキストラのみで、本格的な演技経験はありませんでした。そんな苦しい状況が続く中、14歳のときに受けた映画『ソロモンの偽証』のオーディションで、約1万人の中から主演に大抜てき。昨年も映画『クリーピー 偽りの隣人』で西島秀俊さん、竹内結子さん、香川照之らと共演したほか、今年冬にも『輪違屋糸里』で主演を務めるなど、まさに順風満帆です。

 経歴は華やかで可憐なシンデレラを彷彿とさせますが、藤野さんが評価されているのは、その対極にある素朴さと芯の強さ。時代や地域の設定を問わないだけに今後は、全国ネットのドラマ初出演となった『ひよっこ』を皮切りに、テレビでもその姿を見られるでしょう。

 八木さんも藤野さんも子役出身の女子高生ですが、「乳児のころから活躍」「突然の抜てき」という真逆の道のりを歩んできました。ただ、「大きなプレッシャーと厳しい演技指導に耐えてきた」という経験は共通していて、それが『ひよっこ』での縁の下の力持ちのような演技につながっている気がします。

◆ついに優子と豊子の見せ場が訪れる

 これまでは、行方不明の父親を探すみね子、女優の夢を追う時子、大食いや爆睡などで笑わせる澄子、唯一恋人がいる幸子がクローズアップされるシーンが多く、優子と豊子は聞き役に回っていました。

 しかし、29日からの第9週では、向島電機の経営危機をきっかけに、いよいよ2人にも見せ場が訪れます。いつも穏やかな優子と真面目な豊子が、それぞれ意外な騒動を起こすようですが、八木さんと藤野さんにとっては演技力の見せどころと言っていいでしょう。

 すでに「6人娘がバラバラになってしまったら……」とハラハラしている人も多いようですが、もしそうなったらネットを中心に“乙女寮ロス”が話題になりそうです。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事(外部サイト)