福士蒼汰が仕事、大阪弁、家族、やめられないことを語る

福士蒼汰が仕事、大阪弁、家族、やめられないことを語る

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』主演の福士蒼汰

 主演映画『ちょっと今から仕事やめてくる』が5月27日より公開した福士蒼汰(23才)。同作では、ブラック企業で働く青山(工藤阿須加)の幼なじみを名乗るヤマモトを演じる。

 5月30日に24才を迎える福士クン。多忙な仕事の合間、都内のホテルの一室でちょっと一息しながら、自分のことや家族のことをじっくり語ってくれました。

◆仕事

「仕事で大切にしていることは、あいさつ! 時には100人近くいる場合もあるけれど、現場ではスタッフさん1人1人の顔を見て、「おはようございます」「お疲れ様です」と言いたいんです。バヌアツ共和国のロケ撮影では、毎晩、スタッフさん全員といっしょに食事に行ってました。毎日、違うレストランを探して(笑い)。最終日、クランクアップ後には、監督と工藤(阿須加)さんと3人で馬に乗りに行ったことも思い出です!」

◆大阪弁

「初めて大阪弁の役に挑戦しました。“朝ドラ”の『あまちゃん』(2013年)で久慈(岩手県)の方言を話したとき以上に、大阪弁は難しかったです。でも、英語もそうですが語学を勉強するのは好きなので、楽しんでできました! 方言指導のかたが大阪の芸人さんで、言葉はもちろん関西人のノリやツッコミ、ボケも教えてくださったんです。普段の自分はヤマモトのように明るくはないので(笑い)、芸人さんの指導のおかげで、言葉も心も関西人に近づけた気がします」

◆家族

「ヤマモトは家族との過去の出来事をエネルギーにして、生きているんです。自分も、今までは家族に守られてきたけど、最近は自分が守りたいと思うようになりました。今の家族のような家庭を将来築きたいです。実は20才の誕生日に、昔、家族で訪れたレストランに行って、そこで3才頃に撮った家族写真を再現して記念写真を撮ったんです。3才の時には親に抱っこされてたので、それを再現するのはさすがに無理でした(笑い)」

 最後に、映画のタイトルにかけて、「やめたくても、やめられないものは?」と聞くと…

「爪を切ること。すぐ切っちゃう(笑い)」。

撮影■marron

※女性セブン2017年6月8日号

関連記事(外部サイト)