伝説の清純派女優・芦川いづみ 共演者が語る魅力

伝説の清純派女優・芦川いづみ 共演者が語る魅力

伝説の女優について共演者が語る

 女優・芦川いづみ(81)をもう一度見たい──2015年秋、東京・神保町シアターで上映された『恋する女優 芦川いづみ』特集がひそかに話題となった。21日間にわたり連日満席の大盛況で、平日朝からファンが押し寄せ、入場を断わることもあったという。そんな異例の事態に、昨年2度もアンコール上映されたが、リクエストの声は今も続く。

「芦川さんの特集は業界内でもあまり例がなく、1回目はお客様の要望に応える形で半信半疑で始めました。でも蓋を開けると、観客動員数は過去10年でトップクラス。1960代を中心にファンが多く、彼女をリアルタイムで見ていないはずの40、50代にも人気です。今見ても古さを感じない身近な美しさが魅力かもしれません」(神保町シアター支配人・佐藤奈穂子氏)

 芦川は、1950~1960年代の日活黄金時代に活躍した日活の看板女優だった。活動期間は15年間と短いが、その輝きは今も失われず、多くの“芦川いづみファン”を惹きつける。

 1935年生まれの芦川は、1952年に松竹歌劇団に入学すると、翌年『東京マダムと大阪夫人』(川島雄三監督)で銀幕デビューを果たす。1955年に川島監督が日活へ移籍したのをきっかけに、芦川も日活に活動の場を移し、数々の映画を彩った。『陽のあたる坂道』(1958年)、『あした晴れるか』(1960年)、『あいつと私』(1961年)など、石原裕次郎との共演も多い。

 しかし、華々しい活躍もつかの間、1968年に32歳で俳優・藤竜也(75)と結婚すると、表舞台からぱたりと姿を消した。

 そんな芦川を、『学生野郎と娘たち』(1960年)、『青年の椅子』(1962年)などで助監督を務めた岡田裕氏は「楚々たる魅力がある女優だった」と評す。

「当時の日活はアクション映画の全盛期。彼女は裕次郎の相手役というより、一歩下がった添え役を演じることが多かった。非常に地味だけど、必要欠くべからざる存在でした。昔のスターは概して派手でしたが、芦川さんは清楚で穏やか。日活には珍しい、古風で静かなお嬢さまです。昭和初期や大正といった、あの時代でいう古き良き時代の魅力がありました」

 撮影現場では、裏方とも普通に挨拶をして会話をし、スタッフの人気も高かった。

「普段でもそんな女性だからこそ、バタ臭い映画で裕次郎の傍にそっといる彼女の魅力を、画面から感じとっていた人がいたのではないでしょうか」(岡田氏)

 かつての共演者たちも、芦川の魅力を口々に証言する。『気まぐれ渡世』(1962年)、『硝子のジョニー 野獣のように見えて』(1962年)で共演した俳優・宍戸錠(1983)はこう語る。

「当時、月丘夢路さんや北原三枝さんが松竹から、芦川さんが松竹歌劇団からと、長身の美女たちが日活に入ってきた。自分は日活ニューフェイス1期生でしたが、最初に彼女を見かけた時“彼女はイケる”と確信しました。彼女はたちまちスターにのぼりつめた」

 裕次郎の妻・石原まき子氏(83)は女優・北原三枝として何度か共演している。

「『青春怪談』(1955年)で初めて会ったときの印象をひと言でいえば、清楚でかわいらしい、先輩を立てる女の子でした。彼女の役はバレリーナの卵で、私が演じる先輩に憧れる可憐な少女で、本当に愛らしかったです。石坂洋次郎先生原作の純文学作品『陽のあたる坂道』(1958年)では、原作やシナリオの行間まで深く理解し、演技に挑まれていると感心したものです」

 俳優・川地民夫(78)は、『陽のあたる坂道』がデビュー作。芦川の恋人役を演じているが、「いづみちゃんは恋人というより少女のような人でした」と振り返る。

「僕より年上で先輩俳優でしたが、芝居が初めての僕に、緊張を感じさせない接し方をしてくれました。先輩というより友達のような関係でしたが、当時の女優は男が“俺のものにしたい”と思うような魅力を、誰もが持ち合わせていたものです。その意味で、少女らしさと色気の両方を兼ね備えたいい女優でした」

 だが人気絶頂の1968年、芦川は銀幕から惜しまれつつ姿を消し、その後を知る者はほとんどいない。1963年に42歳で突如引退した伝説の女優・原節子のように、私たちは永久に、スクリーンの中で輝き続ける芦川いづみに出会うことができるのだ。

■取材・文/戸田梨恵

※週刊ポスト2017年6月9日号

関連記事(外部サイト)