「数字をもっている」と評判の森昌子 ブーム再燃か?

「数字をもっている」と評判の森昌子 ブーム再燃か?

森昌子の舞台『音楽喜劇 のど自慢〜上を向いて歩こう〜』(公式HPより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、森昌子ブーム再燃の予感について。

 * * *
 昨年7月、デビュー45周年を迎え、今年1月、『みぞれ酒』(記念曲第2弾)をひっさげ、各地のコンサート会場をまわっている森昌子。

 2月に上梓した”子育て本“、『母親力 息子を「メシが食える男」に育てる』が翌月に「4万部突破した」こともニュースになった。コンサート会場でCDなどと共に並んでいた同書には、年配のファンが「息子夫婦のために買って帰る」と列を作り、一時、欠品していたそうだ。

 森進一との間に生まれた3人の息子は、長男が“ワンオク”ことONE OK ROCKの Takaで、三男はMY FIRST STORYのHiro。いずれも若者たちに大人気のバンドであり、ワンオクは海外でも人気を博している。そして次男は在京テレビ局の社員ということで、本のサブタイトルどおり、3人共、メシが食える男に成長した。

 ここまで来るのには決して順風満帆だったわけではなく、長男にしても、アイドル事務所に入所し、「森進一&森昌子の息子」として、“飛び級”のようなカタチで人気グループの一員になるも、脱退、退社。その頃のことを知っている人たちの中には「森昌子は子育てに失敗した」と思っている人も多かったのではないか。

 だが、森進一と離婚し、20年ぶりに芸能界に戻って来て『バラ色の未来』をリリースしたのが06年6月。以来、息子たち3人を厳しく育て、彼らに「鬼のような母親」と言われながらもダメなものは絶対にダメという姿勢で必死に子育てした結果は、「お見事」というしかない。

『スター誕生』(日本テレビ系)の初代グランドチャンピオンに輝き、『せんせい』でデビューした森昌子は、その直後に同番組からスターになった桜田淳子、山口百恵と共に「花の中3トリオ」と呼ばれ、郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎の「新御三家」と共に『明星』や『平凡』の表紙を飾ったり、毎日のようにあった生放送の音楽番組に出演していた。

「どこにでも居るようなフツーの女の子が歌手になる」先駆け的存在だった森昌子の活躍を見た同い年の岩崎宏美が、『スター誕生』に応募したのは有名な話。岩崎以外にも森昌子に触発されて歌の勉強をしていた中高生は大勢いたに違いない。

 青春歌謡がメインだった森昌子は、アイドルらしい明るい曲調の歌が多かった桜田淳子や、10代にして阿木耀子・宇崎竜童の曲を歌い上げた山口百恵に比べると、大ヒット曲が少なくなっていった。

 だが、歌の巧さでは、若手ナンバーワンの存在だったので、美空ひばりさんを始めとする大御所歌手にかわいがられたり、ものまねの巧さを買われ、「象印賞」でおなじみの『象印スターものまね大合戦』(テレビ朝日系)に、「毎週のように出ていた」という印象が強い。

 ものまねは完璧な出来で、先輩演歌歌手の大ヒット曲からアグネスチャンの『ひなげしの花』まで器用に真似た森昌子。いつしか彼女には「器用貧乏」という、あまり嬉しくない評価がつきまとうこととなる。

 それでも大好きな歌を抜群の歌唱力で歌い続け、20代になって『哀しみ本線日本海』(81年)、『越冬つばめ』(83年)と代表曲となる大ヒットを連発。大人びた歌を自然に歌える年齢になった3年後、芸能界を引退してしまう。

 10代の頃、同年代の男性たちは、「淳子派」「百恵派」に分かれていて、件の新御三家は、西城が百恵、郷が桜田と組むのが大半で、森昌子と組む野口は、どこか“オチ”のような扱いにされていたこともあった。

 だが、森昌子は大人の男性にモテていた…という印象が私にはある。ユーモアに溢れ、ちょこまかとよく動き、“女を使う”というのではなく、キャッキャキャッキャ言いながら先輩の懐に入るのが得意な少女が森昌子だった。特に五木ひろしは、そんな森昌子がかわいくてかわいくてしかたがない…というように見えた。

 が、結婚したのは、そんな五木のライバルとも言うべき森進一で、『NHK紅白歌合戦』のトリをつとめ、歌いあげた森昌子が、突然、森進一の胸に飛び込んだことがあった。初めて、「女・森昌子」を目の当たりにした視聴者は、彼女の成長を胸に刻んだに違いない。

 そんな森昌子は、6月29日から8月18日まで、東京、兵庫、名古屋で上演される舞台『音楽喜劇 のど自慢〜上を向いて歩こう〜』で座長をつとめる。

 先日、制作発表会見があり行ってきた。BGMは『越冬つばめ』。振袖の衣装で登場した森昌子は、「皆様、本日はお忙しいなか、お集まりいただきまして…誠にありがとうございます。今回は、50代…最後の年にこの、音楽喜劇…に挑戦させていただけるということで、ひじょうに、ワクワクして、胸が躍っております。演歌歌手、赤城麗子役の、森昌子でございます」と、演歌コンサートの名司会者ばりに自己紹介。

 間のとり方、緩急や抑揚のつけ方が完璧だったうえ、歌手を目指して田舎から上京し、華々しくデビューするも、それから後にヒット曲が出ず悩んだり落ち込んだりするのだが、自分の歌に惚れこんで懸命に売り込むマネージャーと二人三脚で頑張って生きていく…という役どころの説明も完璧だったのである。「芯の強い女性です」と言って背筋を伸ばす彼女と赤城麗子が重なって見えた。

 さらに「私は、本家のNHKの『のど自慢』には…、そうですねぇ数えきれないほど出演させていただいておりますので、なかなかテレビでは伝わらない本番の中の雰囲気ですとか…、皆さん、本気でお出になってらっしゃるんですね、あんなニコニコして登場されてますけど…。緊張感と空気感をこの舞台で面白く出せたらいいんじゃないかと思います」と“使いどころ”タップリなコメントも。

 同舞台の出演者で、会見の司会を務めていた生島ヒロシが、「(物語の前段で)ヘタに歌うとか、そういうことはあるんですか?」と質問を投げかけたときには、「え? 私がですか?」と、なぜそんなことを聞くのかというリアクションをした森昌子。「初めからキチンと、もうバッチリやります。ガッチリやります」と言い切った。少女時代から天才と言われるほど歌がうまかった森昌子のプライドを垣間見た瞬間だった。

 その後、記者から「カラオケの十八番は?」という質問が飛び、美空ひばりさんの『悲しき口笛』を完璧なものまねで披露した森昌子。

 サービス精神旺盛なベテラン歌手、森昌子は、やっと本来のキャラクターや実力を自然なカタチで披露できるようになったのではないか。バラエティー番組やトーク番組のゲストとしても「数字をもっている」と評判。

「中3トリオ」「新御三家」の中で、郷ひろみと共に、いまもっとも引っ張りだこなのは森昌子。「大逆転」と言えるかもしれない。

関連記事(外部サイト)