伊武雅刀 『スケバン刑事』悪役教師役は「気持ち良かった」

伊武雅刀 『スケバン刑事』悪役教師役は「気持ち良かった」

声の仕事でも定評がある役者・伊武雅刀

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、ラジオやアニメなど声の仕事で注目を浴びた役者・伊武雅刀が、映画やテレビに出演していくようになった時代について語った言葉を紹介する。

 * * *
 伊武雅刀はラジオ、アニメ、ナレーションといった声の仕事で注目を浴びた後、1980年代に入ると中村幻児『ウィークエンド・シャッフル』、相米慎二『ションベンライダー』といった当時気鋭の監督たちの映画に続けて出演していく。

「映像の仕事をやるに際して、声の仕事は少しずつ減らしていきました。その減らした時間にプロデューサーや若手の監督たちと会って。それでも半年くらいは映像の仕事は来ませんでしたが、準備期間になりました。

『ウィークエンド・シャッフル』の初号試写を観た時は『ダメだ』と思いましたね。なんて間抜けな顔をしているんだ。俺の顔は映像向きじゃない。そのぐらい自信が持てませんでした。

 相米監督には本当にお世話になりました。『考えなきゃダメだ』ということを初めて教わりましたよ。ただセリフを覚えて感情のままにやればいいんじゃない、と。どのシーンでもテストやっていてなかなかOKが出ないんです。それで時々寄ってきて『お前よ、このおまわりはこの町でどんなものを食べて、どういう人と知り合ってきたのか。そういうことまで考えないと芝居はできないだろう』ってボソッと言うんです。

 ですから、相米さんにはとても感謝しています。あまり演技をつけないような早撮りの監督に最初についていたら、役に臨むということに気づくのは遅くなっていたと思います」

 1980年代後半になると、映画『必殺!III 裏か表か』や映画『劇場版スケバン刑事』など、悪役を演じることが増えていった。

「自分はそういう人間ではないのに怖い人だと思われているみたいです。この間も飲み屋さんで普通にしゃべっていたら、『伊武さん、しゃべったりもするんですね』と言われました。共演者にも『最初は怖くて近づけませんでした』と言われたりね。

 なぜそう思われるのか考えているんですが、多分コンプレックスがあるんでしょう。学校を出てないから知性的に見られたいというのが無意識のうちにあって、即答しないでワンクッションおいちゃうんですよ。そういう気取ったところが、怖く思われる原因かな、と。

 悪をやるのは楽しいです。『スケバン刑事』は、NHK大河で一年拘束された後で入った仕事だったので、『これで生活できる』という喜びもあって、喜々としてやりました。ヒトラーみたいに生徒たちを演説して洗脳する校長でしたね。『宇宙戦艦ヤマト』のデスラーもそうですが、粒立てた強い声でガーッといくのは、あの当時は気持ち良かった。

『必殺』は工藤栄一監督で、『メイクするなよ』と言われてノーメイクでやったこともあります。そうすると、ノーメイクを嫌がる役者さんたちより出番が増えていきました。

 時代劇の所作や殺陣は大部屋俳優さんたちから撮影の合間に教わりました。あと、月形龍之介さんや市川雷蔵さんの映画を観て立ち居振舞いを勉強していました。全て自己流ではありますが、やはり時代劇をやるからには姿勢を貫き通さないと」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

◆撮影/五十嵐美弥

※週刊ポスト2017年6月9日号

関連記事(外部サイト)