藤岡弘、壮絶下積み時代を語る「東京の雀に泣いたあの日」

藤岡弘、壮絶下積み時代を語る「東京の雀に泣いたあの日」

”元祖ライダー”はインタビューも全力投球

 観客動員数100万人を突破した映画『帝一の國』。主演の菅田将暉(24才)をはじめ、竹内涼真(24才)、志尊淳(22才)ら、仮面ライダーや戦隊レンジャーが勢揃いしていることでも話題に。この“平成ヒーロー”ブームの礎を作ったのは、この男−−藤岡弘、(71才)が仮面ライダーになるまでの知られざる苦労を語った。 

 * * *
 東京都内の閑静な住宅地にある、藤岡の事務所。約束の時間に訪ねると、ロケ地から自分で運転して帰ってきたという藤岡とばったり。黒々としたウェーブヘアと、シュッとしたジーンズ姿は、’65年のデビュー当時から何ひとつ変わっていないように見える。

「ようこそ!」

 武道家の彼らしく、きっちり頭を90度に下げる。しかしそんな藤岡の顔には犬の毛が…。

「わっはっはっは! すみません、犬(テレビの収録で出会った甲斐犬)を飼っているもんでねえ」

 キリッとした表情から、犬の話で途端にデレデレ。和やかなムードの中、取材は始まった。

「仮面ライダーの初回放送(’71年4月3日)は、絶望的な状況で迎えましたね。大事故の後でしたから、病院のベッドで身動きもできず、医師からは俳優業への復帰はほぼ不可能だと言われていました。当時25才、念願のアクション作品に主演として取り組む喜びの矢先の出来事でした」

  決して大げさな話ではない。映像に魅せられ愛媛から19才で上京した藤岡にとって、“俳優”こそすべてだったからだ。演劇学校に入るも、なまりを笑われ、劣等感の塊だった。食べることに必死で、バイトのかけもちのしすぎで睡眠不足となり、結局俳優学校は卒業できなかった。

「上京当初は野宿もしていたし、3日4日食べなくて空腹で倒れそうなこともよくありました。下宿先ではまわりが畑だったので、虫食いとか傷ものとか、捨ててある野菜くずを拾ってしのいでいて。でもそれだと体力が持たないんですよ。たまに魚屋さんで捨てる部分を譲ってもらったりしてね。

 そんなときに東京でも雀を見つけて、これだ!って捕まえて。しかけは得意なんでね(笑い)。田舎の雀は米食ってるからみんなぷくぷく太って丸々として、焼き鳥にするとうまいんですよ(笑い)。でもその捕まえた東京の雀が、なんともみすぼらしくて。やせこけてボロボロで、生ゴミがくっついてて、くさいんです。ショックでしたね。で、気づいたんです。これ、おれじゃないか!と。おれもゴミ箱漁ってるじゃないか!と。自分の姿とだぶって苦しくなって、結局、逃がしましたね」

 そんな壮絶な下積み時代を経たからこそ、強烈な印象を残す俳優となった。

「すがったり、頼ったり、相談する人がいないわけです。飢えて、未来に夢もない状況で、生きるためには戦わないといけないという追い詰められた状況だった。だからあの頃の自分は飢えた狼みたいでしたよね。食いつくような目も、芝居をしているんじゃないんです。自分が苦しいから叩き出していたんです。でもそれが個性だと言ってもらえるようになった。仮面ライダーも追い詰められた結果、大ヒットにつながったわけで。すべて災い転じて福となす、なんですよ」

 今でもハングリー精神は健在。若い俳優と一緒になっても、謙虚に、貪欲に役に対峙する。その全力投球ぶりが、若手を刺激しているのだ。

「そういってもらえると光栄だよね。でも恥ずかしいかな、昔の性分がまだ抜けない部分があって。食べ物を残せないから魚は骨まで食べて頭も残さないし、よくマネジャーにギョッとされてます。そんな男です。はっはっは(笑い)」

●藤岡弘、(ふじおか・ひろし)
俳優、武道家。’46年2月19日、愛媛県久万町(現・久万高原町)生まれ。’65年に松竹映画で俳優デビュー、’71年放送開始の『仮面ライダー』の本郷猛役で一躍スターに。国際俳優としてUSA映画でも主演。『藤岡弘、探検隊』TVシリーズや『せがた三四郎』のCMなど、世代を超え人気を博す。ライダー時代から、国内外のボランティア活動も積極的に行なっている。180cm、82kg。

撮影■関谷知幸 取材・文■辻本幸路

関連記事(外部サイト)