芸能活動再開の清水富美加、大川総裁長男との結婚説を追う

幸福の科学に出家した清水富美加に、大川隆法総裁の息子と結婚するとの噂が浮上

記事まとめ

  • 幸福の科学に出家した清水富美加が、教団が新設した芸能事務所へ移籍すると発表された
  • 清水には大川隆法総裁の息子と結婚するのではという、仰天情報が浮上している
  • 清水の所属事務所に結婚の噂について尋ねると「そのような事実はない」と回答している

芸能活動再開の清水富美加、大川総裁長男との結婚説を追う

芸能活動再開の清水富美加、大川総裁長男との結婚説を追う

清水富美加との結婚説もささやかれる大川宏洋氏(ニュースター・プロダクションのHPより)

「子供たちとは離婚後、連絡をとっていないんです。でも、とってもお似合いだと思いますよ。長男は時代に敏感な芸術家タイプですし、女優さんと合うはず。結婚は、まったくイレギュラーなことではないと思います」

 穏やかな口調でそう語るのは、大川きょう子さん。宗教法人『幸福の科学』総裁の大川隆法氏の元妻であり、教団の中枢にいる5人の子供たちの実母である──。

《幸福の科学という宗教に出家しました》。女優・清水富美加(22才)が、そんな手書きの文書を発表して間もなく4か月。一時はまったく表舞台に姿を見せなかったが、5月23日、教団が新設した芸能事務所「ARI Production」への移籍が発表されたのを皮切りに、各メディアへの露出が増えている。

 同日、産経新聞のインタビューで《映画の製作にも携わりながら、出演もどんどんしていく方向》と語ると、26日には『みんなのニュース』(フジテレビ系)にも出演。「(教団の)広告塔として利用される」という指摘には、「そう見えるだろうなというのを全部わかった上で(中略)自分で選んでいるというのをすごく強調したいです」と語った。

 6月2日には大川総裁との共著『公開対談 千眼美子のいまとこれから。』が刊行される。

「今まで大川総裁は霊験本など多数の本を出してきましたが、役職もない一信者との対談本は前代未聞です。清水さんが教団内で重宝され、大川総裁にごく近い、中心的なポジションにいることを感じます」(宗教ジャーナリスト)

 そんな清水についての仰天情報をキャッチしたのは2か月ほど前のことだった。

「清水は大川総裁の息子と結婚する。ゆくゆくは後継者の妻として、教団を中枢で支えるらしい」──。教団元関係者は声を潜めてこう語る。

「ほとんどの一般信者はそもそも清水さんが信者だと知らず、2月中旬の出家騒動には驚いていました。それから1か月も経たなかった頃だと思います。一部信者から『清水さんには教団幹部の道が約束されている。総裁の子供と親しいらしい』という話を耳にしました」

 別の教団元関係者が続ける。

「教団の中で芸能活動を引っ張っているのは長男の宏洋(ひろし)さん(28才)です。清水さんが教団の映画なんかに出演するとしたら、ヒロイン級であることは間違いありません。清水さんと宏洋さんが主演級で共演することは今後必ずあるでしょうね。宏洋さんはイケメンなんですが、まだ独身。以前から、“映画で主演を務めた信者の女優さんと美男美女で結ばれるのでは”なんて話がありましたが、そこに現れたのが清水さんでした」

 もともと教団は、宏洋さんが代表の芸能事務所を持っていたが、今回新たに清水が所属する新事務所を立ち上げた。

「教団は6本の映画の制作を予定しており、1つのプロダクションでは賄いきれないから、新たに事務所を立ち上げることにしたそうです。芸能部門の実質的なリーダーで露出も多い宏洋さんと清水さんがもし夫婦になって二枚看板になれば、家族愛、夫婦愛などをテーマにした映画も撮りやすい。教団をよりアピールしやすくなるでしょうね」(前出・宗教ジャーナリスト)

 そんな情報は教団の枠を超え、4月頃になると芸能界やマスコミ関係者の間で広まっていったようだ。

「出家騒動以前に使っていた携帯電話はほとんど電源が入らず、友人たちも以前のように連絡がとれなくて、出家前の交友関係はほとんどなくなってしまっています。彼女が今頼っているのは、教団関係者だけでしょうね。もともと、高校1年生の時に両親が離婚し、父子家庭で育った清水さんは家族への憧れや結婚願望が強い。あれだけ教団から重宝されているわけですから、総裁一家に嫁いだとしても何も不思議はありません」(芸能関係者)

 清水は信者としての活動をこれから本格的にスタートさせる。

「夏ごろから教団を通じた芸能活動を始める見通しで、新作映画の撮影も始まると聞いています。映画は年末に公開される予定のようです」(別の芸能関係者)

 噂される結婚はあるのか。清水の所属事務所に尋ねると、文書で簡潔に以下の回答があった。

「そのような事実はございません」

 火のない所に煙は立たないというが…。まだまだ波乱含みの再起動となりそうだ。

※女性セブン2017年6月15日号

関連記事(外部サイト)