乳がん患者 小林麻央のブログに「どれだけ励まされるか」

乳がん患者 小林麻央のブログに「どれだけ励まされるか」

ブログに「涙が止まらない」との声も

 5週間ぶりの自宅と最愛の子供たち──5月29日、フリーキャスターの小林麻央(34才)が入院先の病院から帰宅した。今後は在宅医療に切り替え、点滴などの治療を続けていく。

《退院前は、これから家族へかけてしまう負担が怖く、退院が近づくたび不安でした》(以下、《》内は麻央のブログより)

 自宅に介護スペースを作り、家族が点滴の処置もサポートしていくという。

「海老蔵さん、27日に舞台の千秋楽を迎えたんですが、その日も終わるとすぐ勸玄(かんげん)くんと麗禾(れいか)ちゃんを自宅に送り届け、その足で麻央さんの病室に行っていました」(海老蔵の知人)

 過酷な5週間だった。2月から自宅マンションで療養していた麻央が都内の病院に緊急入院したのは4月22日のこと。子供と約束していた当初の退院日は守れず、高熱が続いた。

 さらに、「腕の血管に限界を感じた」と鎖骨下の血管に点滴用のポートを埋め込む手術をし、のみ込む力が衰えたことで、食事も3分粥に。薬は、のみやすくするために夫の海老蔵(39才)が粉々に砕いていた。さらにがんは顎へも転移し、病状は刻一刻と変わってゆく。

 ブログからも壮絶な闘病の様子が伝わるが、それでも《ひとつひとつクリアしていこう!》《ここからまた成長し直す気持ちでいます》と、前向きな姿勢は変わらない。

 麻央のブログは1日推定1000万以上のアクセスがあるといわれるが、とくに同じ病気を抱える、あるいは自分の大切な人と重ね合わせ「きれいごとではないありのままが綴られている」「いつも勇気をもらっている」という人たちからの反響は大きい。

《私が経験していることが、皆さんにも当てはまるということは全くありません》
《自分は、自分だけの性格の癌と闘わなければならない。そう思って、私はいつもいます。本当に自分の身体はオリジナル》

 そうメッセージを送る麻央だが、なかでもかなり多い4000ものコメントが寄せられたのは5月21日の《痩せる》という見出しの記事だった。

《今朝は、着替えるときに、裸で鏡の前に立ってみると、私が恐れていた姿に近い身体が写っていて、一瞬、衝撃を受けたあと、泣いてしまいました。でも涙を流していてもどうしようもないことに気づき、豆乳ココアを飲んで、心を落ち着かせました。そのあと子供達の写真や動画をいっぱい見ながら、一生懸命食べました。(中略)精神力までは痩せ細ってないです!!》

 この言葉に「涙が止まらなかった」と話すのは、50代の乳がんを患う女性だ。

「乳がんになっていちばんつらかったのは、自分の体が変わっていくことでした。もちろん、治療で感じる痛みや熱、だるさもつらいのですが、見た目がどんどん変わってゆくのを受け入れる精神的な苦しみの方が、耐え難かった。鏡を見るのも人に会うのもどうしても嫌で、せっかく退院できた後も家から出ないようにしていました。こんな姿を子供に見せるのもかわいそうでお風呂に入れてやることもできずに…。だから麻央さんが自分の姿を隠さずにブログにアップして、つらいという素直な気持ちを吐露してくれることに、どれだけ励まされるか…」

 家族へ負担はかけたくない、でもどうしても子供たちに触れたい。だけど痩せた姿は見せられない。それでも──逡巡する麻央の気持ちがみんなに伝わる。自宅に戻った麻央は、子供たちとの再会を喜んだ。

《娘が絵本をまるまる1冊読んでくれたのは初めてです》
《今朝、ただいま と、息子を抱きしめた》

 そこには麻央の笑顔があった。

※女性セブン2017年6月15日号

関連記事(外部サイト)