30人ちょっと――「大竹しのぶ砲」が女性の心に火をつけた

30人ちょっと――「大竹しのぶ砲」が女性の心に火をつけた

例の発言がアラ還女性の寝た子を起こした?

 女性セブン名物還暦記者“オバ記者”ここと野原広子が、世の中の様々なトピックに物申す! 今回のテーマは「体験人数」です。

 * * *
 大竹しのぶ(59才)が、『婦人公論』で、男の数が「30人ちょっと」と告白したことで、アラカン女のざわつきが止まらない。

 その数にビックリする“(経験人数の少ない)少数派”が多い中、「そんなもんでしょ」と、聞き流した“多数派”も私のまわりにはけっこういるの。その双方がしなくてもいい小競り合いを繰り広げているのよ。

◆女同士はお金より男の数の方がヤバい

 まずは「大竹しのぶが、30人以上だって」と、ご近所さんから話しかけられた友人のS子(59才・パート)の話。

「とっさに『へえ~』って聞き流したら、私が驚かないことに驚いたみたい。一瞬の間があって、あんたも、男いっぱい知っているんだ?と、そんな目で見られた」

 S子に言わせると主婦には、親しくなっても絶対にしてはならない話が2つあるんだと。その1つが貯金額。万一、借金を申し込まれたとき、断るのにイヤな思いをするし、人に知られていいことなんか何一つない。もう1つが過去の男の数。

「いや、お金より男の数の方がヤバいかもね。夫だけという人と、青天井の人と、“格差“が激しすぎて会話が成り立たないもの。“多数派“は余計な嫉妬心を燃やされたり、淫乱扱いされたり、折にふれてチクチク言われる」

 なるほど、だから大竹しのぶの発言に対してS子は、「余計なことを言って、変な道をつけてくれた」と、口を尖らせるんだわ。

 そういわれると、私にも思い当たることがある。長年、さまざまな人を取材してきたけど、“元清純派”のマジメな主婦ほど緊張させられる人種って、そういないんだわ。

「いいですねぇ。いろんな男の人と出会うチャンスがあるでしょ?」と言ったその口で、「私なんかパパしか知らないから」と、何度も。

 不思議なことに、そういう人に限って、いったん自分で“エロトーク解禁”を決めちゃうと、歯止めがきかないの。「夫はもう立たない」とか「私は声が大きい」とか、昼の日中のファミレスでこっちが慌てるようなことを。話題を変えようとしても、本人は気持ちよく走り出した一本道。止まりゃしないって。

◆あっちこちで寝た子が起き出した

 そんな女たちの、“自分は女として損をしてきたのではないか。その損はもう取り戻せないのではないか”と焦る気持ちに、「30人ちょっと」は火をつけたね。名付けて“しのぶ砲”。

 それだけじゃない。私のまわりの“元恋多き女”で“多数派”も、最近はよくて開店休業。たいがいはこのまま閉店なんじゃないかと思っている体だったの。

 そこに大竹しのぶの「30人ちょっと」は、「まだまだ、いけいけ」と聞こえたようで、その証拠に、「いくつになっても恋をしていたい」とか、「健康寿命は女子力しだいらしい」とか、あっちこちで寝た子が起き出して。もちろんその相手は夫のはずはなくゲス不倫する気、満々よ。

 で、私は、「んもう、さんざん旬の男をひとり占めしながら、この期に及んで波風を立てるか?」と、悪口が止まらない。

 ゴマメの歯ぎしり? 放っといて!

※女性セブン2017年6月15日号

関連記事(外部サイト)