キャリアとノンキャリアは仲悪い? 刑事ドラマのウソホント

キャリアとノンキャリアは仲悪い? 刑事ドラマのウソホント

元警部が刑事ドラマのウソホントを指摘

「近年の刑事ドラマには、犯人の追跡劇だけではなく、推理や人間ドラマの要素も加わり、魅力がぐっと増している」

 そう話すのは上智大学文学部(メディア文化論)の碓井広義教授。昔と今のドラマに甲乙はつけられないものの、大きな違いがあるという。

「昔の警察ドラマは勧善懲悪で、犯人は悪者でした。しかし最近は、そういう単純な構図ではなくて、犯人側にも人生があり、犯罪へと至る事情があります。一方刑事にも悩みや葛藤があって、追う側も追われる側にも、きちんとした人間ドラマがあるんです」(碓井教授)

 高視聴率を記録しやすいとあって、各局、警察ドラマを制作するせいで、今クールは刑事が活躍するドラマが6本。

 なかにはダブルヘッダーも見られる。『緊急取調室』と『CRISIS』に田中哲司(51才)が起用されているのだ。ともに主人公の上司という、似た役回り。

「非常に珍しいです。主役を立てながら、本人も存在感を放つ名脇役の1人ですから、警察ドラマに重宝されるのでしょう」(碓井教授)

 日本全国どの地でも必ず私たちの生活を見守ってくれている警察。ドラマのおかげで身近な存在と感じられるようになった一方、ドラマを見れば見るほど気になってしまう。一体、どこまでリアルなの?

 例えば元刑事がウソだと口を揃えるのは、「取調室では、かつ丼を食わない」──そんなドラマのウソ・ホントを、『「警察ドラマ」のトリビア ~ドラマを100倍楽しむために』の著書があり、警察監修多数の倉科孝靖さん、犯罪評論家で元千葉県警部の田野重徳さんに聞いた。

◆1度のミスで出世が断たれる?

『小さな巨人』では、異例のスピードで出世を重ね、警視庁史上最年少で警部に昇任した香坂(長谷川博己・40才)が、ある飲酒運転の取り調べでミスを犯し、芝署に左遷されてしまう。1度のミスがその後のキャリアに影響を与えるとの描写があったが、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)で描かれた銀行員のように、警察も1度のミスで、出世が断たれてしまうのだろうか?

「1、2年くらい、けじめをつけるために左遷することはあります。その辞令を出した者も、処分をすれば体面を保てますから、また元の部署に戻れます。ただし、そのまま外されてどこに行ったのかわからなくなった人もいます」(田野さん)

◆公安はメモを取らない?

 警視庁公安部が舞台の『CRISIS』。捜査官の稲見(小栗旬・34才)と田丸(西島秀俊・46才)は、聞き込みをしているときに手帳にメモをしていない。ちょっと不安になるが、実際も?

「公安に限らず、刑事もあまりメモを取りません。一般人などに話を聞きながらメモを取ると、相手を圧迫してしまうからです。覚えられないような場合は、手にした新聞や雑誌に走り書きする程度。私も現役時代、人前で手帳を広げることはありませんでした。刑事によっては、ズボンのポケットに小さなメモと短い鉛筆を入れて、ポケットの中で書いていました」(倉科さん)

◆聞き込み時の情報提供に謝礼は出す?

 豊洲署編と題されて始まった『小さな巨人』の後半。物語はまるで“籠池騒動”を彷彿とさせる。そんななか、警視庁刑事部捜査一課から豊洲署に異動した山田(岡田将生)が、聞き込み中に、情報提供者に謝礼の話を持ち出すシーンがあったが…。

「出ます。こういう情報を得て、こういう効果があったと報告書を提出して、署長に決済をもらいます。捜査費、という予算がちゃんと組まれています。その場で現金で払うことが多いのですが、だいたい5000円から1万円で、領収書をちゃんと書いてもらいます」(田野さん)

 だからといって、全員に支払うわけではない。ガセネタもあるからだ。

「これは有効だというものだったり、何度も連絡をして迷惑をかけた場合、捜査協力費として支払います。今では自腹のことはほとんどありませんが、平成のはじめ辺りは捜査費がまだなかったので、自腹で払ったものです。私も居酒屋で接触して、7000円ほど自腹を切りました。何度も同じ家に行くときには3000円程度の菓子折りを持って行きますが、それも自腹でした」(田野さん)

◆キャリアとノンキャリアは仲が悪い?

 ノンキャリアとキャリアの確執は、『踊る大捜査線』(フジテレビ系)の青島(織田裕二・49才)と室井(柳葉敏郎・56才)のようによく見る光景だが…。

「キャリアとノンキャリアでは、採用自体が違います。キャリアは警察庁に採用される国家公務員。ノンキャリアは都道府県の警察官採用試験を受けた地方公務員です。本部や所轄に勤務します。キャリアが現場に来ることはありますが、仲は悪くありません。そもそも階級も役割も違うので、けんかになりようがないのです」(田野さん)

 仲が悪いのは公安部と刑事部だ。田野さんが続ける。

「表立って衝突はしませんが、ドラマで描かれているとおりですね。例えば公安は刑事の情報を引き出すけど、一切情報をくれません。2004年に千葉の『いわし博物館』が大爆発した事件があったんですが、原因がわからなかったので、テロの可能性で公安と、爆弾を仕掛けたことに対応するのは捜査一課の特殊班の仕事なので、2本立てで捜査が始まりました。そうしたら公安はわれわれの情報をつまみ食いして、先に上に報告していました」

※女性セブン2017年6月15日号

関連記事(外部サイト)