関ジャニ∞大倉忠義 初の単独主演舞台は「難解すぎる」

 舞台『蜘蛛女のキス』(6月18日まで、東京グローブ座にて公演中)で主演を務めている関ジャニ∞の大倉忠義(32才)。アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスにある刑務所に、2人の男が収監されている。政治犯のヴァレンティン(大倉忠義)と、未成年者に対する背徳行為で捕まったモリーナ(渡辺いっけい)。正反対な2人が、徐々に心を通わせていき──。

 意外にも舞台出演は約9年ぶり、初単独主演、初の歌もダンスもない“ストレートプレイ”で2人芝居に挑戦する大倉忠義。“この愛にからめとられる。”という印象的なフレーズが冠された舞台に立つ彼に、さまざまな「愛」について語ってもらった。

◆愛するコト

「おいしいお店を巡ること! でも、お酒を飲んで熱く語ったりするの好きじゃないんですよ(笑い)。たまに、真剣な話になることもあるけど、食事の時には楽しく話したいから。いっけいさんとも一度、食事に行きました。でも、プライベートなことはまだ、全然知らないんです。“近すぎない距離感”のほうが、今回の舞台をやる上ではちょうどいいと思うので」

◆追求愛

「設定がブエノスアイレスなので、南米のことはいろいろ調べました。刑務所の中の話だけど、自分が知っておいたほうがいいな…と思うことは勉強したんです。南米は美女が多いらしいと聞いたことがあるんですけど、写真を見ていたら、確かにめっちゃきれいな人が多くて! もし生まれ変わるとしたら、そのあたりに生まれたいな(笑い)」

◆舞台愛

「ストレートプレイも単独主演も初。初めてでやるには難解すぎると演出家さんに言われました(笑い)。2人芝居で、いわばどちらも主人公なので、“座長”みたいな意識はないですね。演出家さんと(渡辺)いっけいさんと3人で、少しずつ丁寧に作り上げている感じ。苦しみもあるけど、役について考える時間はぜいたくで楽しいです」

◆仕事愛

「現場に入ったら、その仕事に全力で取り組む! それは、どの現場でも変わらないです。いろいろな仕事を並行的にやるのは日常的になっているので、現場によって自然とスイッチは切りかわりますね。仕事において、“頑張っている”ということはあまり言いたくないんですよ。そういう意味では、仕事愛に対する思いは秘密です(笑い)」

◆理想の愛

「自分が何か行動をするときに、パートナーのことを考えて行動する。お互いに相手のことをすごく思いあえる関係が、理想の愛かなと思います。今回の作品はラブストーリーでもあるんですよ。難解な部分もあるかもしれないけど、演じるぼくも気負いは全然ないし、構えないで、自由に楽しみながら観劇していただきたいですね」

◆家族愛

「家族愛と聞いて真っ先に連想するのは、食卓を家族でワイワイと囲んでいる姿。これっていいですよね。普段、家族愛を感じること? …具体的には忘れましたけど(笑い)。でも、忘れているくらい“あたり前”って言っていいのが、“家族”なんじゃないかな。無償の愛があるのが、家族という存在なんだと思います」

◆メンバー愛

「関ジャニ∞のメンバーとは長年いっしょなので、お互いの性格もよくわかるし、自然と相手のことを気遣える関係ですね。声をかけてあげよう…とか、今はそっとしておこう…というのは、日常的に自然とやっています。メンバー以外の人との距離の縮めかたは場合によるけど…。自分から話さなくて大丈夫なら、話しかけないかな(笑い)」

※女性セブン2017年6月15日号

関連記事(外部サイト)